ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市イタケロン・スタジアムで1日に行なわれた対スイス戦で、アルゼンチンは延長戦後半14分に決めたシュートで逃げ切り、1―0で勝利して準々決勝進出を辛くも決めた。この日はアルゼンチンからサンパウロ市に4万人が応援に来たと言われているが、負けて暴徒と化さなくてすみ、サンパウロ市民としては一安心。だが、下馬評では「最高レベル」と呼ばれた自慢の攻撃陣は少数得点の試合が続き、「楽な相手に恵まれた」とクジ運のよさを指摘されていた割に、これで4試合連続の1点差勝ち。競った試合展開に激しい批判が飛んでいるブラジル代表だが、そのやきもきした気持ちはアルゼンチンも同様だろう。
     ◎
 GNT局の女性番組の司会などで知られるジャーナリストのアストリッド・フォンチネリさん(53)が乗っていた車が、6月27日に銃弾を受けていたことが判明した。この日の午後、アストリッドさんは仕事の約束を終えて自宅に戻っている途中、バイクに乗った2人組に接近され、少なくとも7発の銃弾を浴びせられたという。さいわい、車が防弾車であったために、アストリッドさんも運転手も無傷に終わったが、かなりの恐怖体験だ。
     ◎
 6月29日夜、サンパウロ市南部シダーデ・アデマールで2台のバスが相次いで焼き討ちにあう事件があった。最初は7時頃、ブラス・デ・アブレウ大通りで20人ほどの強盗がバスの運転手と乗客を脅し、降ろした後に火をつけた。運転手は携帯電話やクレジットカードも盗まれた。その1時間後にも、イェルヴァント・キッサジキアン大通りで同様のことが続いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声  6月18日はブラジル日本移民の日だが、国際的には5日の「国際環境デー」の方が知名度が高い。日本でも6月を環境月間としているが、ブラジルでは環境月間という見方はないようだ。この環境問題は、ボルソナロ大統領の言動が世界とのズレを生じていることで、注目を浴びている部分でもあ […]
  • 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず2021年6月22日 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず  21日に国際連合貿易開発会議(UNCTAD)が発表したデータにより、2020年のブラジルへの外国投資は62%も減少していたことが明らかになった。21日付現地サイトが報じている。  同会議のグローバル投資動向モニターによると、2020年のブラジルへの国外からの投資は250億ド […]
  • 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン2021年6月22日 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン  「メキシコ人はインディオから、ブラジル人は密林から、我々は船に乗ってヨーロッパから来た。私の名字、フェルアンデスはその証しだ」――アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は9日、スペインのペドロ・サンチェス首相を首都ブエノス・アレスに迎えて、そう問題発言をし、ブ […]
  • 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増2021年6月15日 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は5月27日10時から、リベルダーデ区にある援協本部ビル5階講堂で5月定例役員会を開催した。援協にこれまで尽力してきた堀井文夫氏、毛利連(もうりむらじ)氏、末吉ショウジ・アルマンド氏の3氏が5月中に亡くなり、1分間の黙 […]
  • 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ2021年6月12日 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ  10日、最高裁でサッカーのコパ・アメリカの開催をめぐる判事投票が行われ、賛成多数で開催されることが決まった。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカは、当初開催予定だったコロンビアとアルゼンチンが、デモによる治安悪化やコロナ禍の悪化のために […]