樹海

 17日に起きたマレーシア航空のボーイング777機撃墜事件は、ウクライナ問題の根の深さを国際社会に改めて印象付けた▼BRICS首脳会議のために来伯したロシアのプーチン大統領は、ジウマ大統領との個別会談を行って孤立していない事を誇示しようとしたが、欧米諸国は同国への新たな制裁を発表。その矢先の航空機撃墜事件は298人もの犠牲者を生み、全員の遺体回収は20日までかかった▼パラナ州クリチバではウクライナ出身者や子孫らが19日に犠牲者を追悼、平和を祈る集会を開いた。ウクライナでの緊張が高まり現地にいる家族と連絡が取れないと案じる女性や駐伯大使らがインタビューに応じていたが、犠牲者の遺族や関係者は胸がつぶれる思いでいるはずだ▼マレーシア航空機が絡む事件は今年2回目で、両方の事件で家族を失った人達もいるという。エイズに関する学会に出席するためにオーストラリアに向かっていた約100人の研究者達も犠牲となり、学会でも追悼の時を持った。世界保健機構(WHO)専属の英国人ジャーナリストと同性愛婚をした伯人男性は、今もその死が信じられないと語っている▼イスラエルではガザ地区で死んだパレスチナ人の数が20日の時点で430人を超えたが、空爆が始まった直後の新聞にはイスラエルに家族がいるというブラジル在住者のインタビュー記事が掲載されるなど、世界中で起きている事件や事故を自分の事とし、痛みを覚えている人は国内に大勢いる▼ニュースが流れるたびに息を呑み、涙を流していては仕事にならないと言われそうだが、多民族の国だからこそ聞こえてくる声に耳を傾けたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「ブラジルの“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義 […]
  • 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選2018年9月21日 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選  現在、大統領選真っ盛りのこの時期。連日、報道も盛り上がっている。だが、ブラジルに住む外国人(日本人)として「こんな選挙でこの国は本当に大丈夫なのか?」と正直なところコラム子は大いに不安だ▼それは、投票日まで3週間を切った現在の状態で、いまだにこの国にとって急務に思える […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも2018年8月3日 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも  7月31日、エーリオ・ビクード弁護士が亡くなった。2016年のジウマ前大統領の罷免請求を作成した主要弁護士だ▼コラム子自身もそうだったが、あのジウマ氏の罷免はあくまで「腐敗権力の打破」であったことを望んでいる。キャンペーンで対抗馬に卑劣な言葉ばかりを吐き、選挙当初から […]