ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 泥炭のおかげで経済事情が潤ったグァタパラ移住地。最近になって注目が集まり、売買できる時代がやってきた。パラグアイのイグアス移住地内には、玄武岩の砕石をとる採石場があり、日本人会は年間300万ドルくらいの売り上げがある(本紙11年9月10日付け)という例もある。グァタパラは今後どうなるか注目だ。他の移住地もかつての地層調査を見返して、眠る地下資源を探ってみては。
     ◎
 「沖縄の伝統芸能が一度で楽しめる」と銘打って行われた沖縄県人会主催の資金カンパ芸能祭。会場二階の食堂では、名物の沖縄そばが販売された。今回はハレの日に振舞われる沖縄の伝統料理ヒージャー汁(山羊汁)も珍しく販売されていた。山羊独特の風味に沖縄出身者でも好みの分かれる料理だ。一口試させてもらったが、強烈な山羊の香りにあえなく撤退。沖縄の食文化も楽しめる芸能祭だった。
     ◎
 日本ハムといえばハム・ソーセージ、という従来のイメージが払拭された。同社のHPには若鶏甘辛揚げ、小籠包、スパゲティー、ガパオライス、かぼちゃの煮つけ、牛もつ焼き…と豊富なレトルト食品がずらり。それだけ多忙な日本人が増えたということか。当地では女性の社会進出が盛んな一方、働く母親の強い見方・レトルト食品の品揃えはまだまだ貧弱だ。その市場を将来有望と目をつけたのは、西裏昌弘代表取締役社長の先見の明かも。同社の再出発を応援したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年2月4日 大耳小耳  聖市モエマ区カリーナス通りにあったレストラン「ヤキトリ」が、どうやら閉店したようだ。先月中旬、1~2カ月ぶりに立ち寄ったら、すっかり廃屋になっていた。転居かとも疑ったが、新住所の表示はない。目の前で串を転がしながら炭火で焼く日本の焼き鳥屋を模したスタイルで、日本人駐在員の […]
  • 大耳小耳2015年10月21日 大耳小耳  プロ野球ヤクルトに所属する松元ダニエル・ユウイチ選手(34)が19日、引退を表明したと日本の各紙が報じている。1980年、聖州アラサツーバ生まれの日系三世で、99年に日本へ野球留学。02年ヤクルトに入団した。引退後は当地での野球指導にも貢献してほしいところ。チームは24日から […]
  • 大耳小耳2005年7月1日 大耳小耳 7月1日(金) […]
  • 大耳小耳2016年7月23日 大耳小耳  リオ五輪チケットの追加販売が、21日昼から公式サイトで行なわれている。開・閉幕式などは人気が集ってすぐに売り切れたが、他の種目では残券がまだまだある。日系人が代表の卓球や、日本勢がメダルを取りそうなレスリングなど応援に行ってみては? 聖市内ではショッピング・ウェスト・プラザ( […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月2日  レジストロ地方百年祭では2人のブラジル人が顕彰された。日本人だけの団体が許されなかった勝ち負け抗争の真っ最中、1947年に創立されたレジストロ・ベースボール・クラブ初代会長を務めたシゼナンド・デ・カルバーリョ、そして初代幹事長ジョナス・バン […]