ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル穀物大手に融資=三井住友、食糧安定確保へ

ブラジル穀物大手に融資=三井住友、食糧安定確保へ

 【共同】三井住友銀行がブラジルの穀物大手アマーギに約200億円を融資することが23日、分かった。物流網の整備を進めて日本へのトウモロコシや大豆の輸出を増やし、日本の食糧の安定確保につなげる。政府は貿易保険を適用して融資リスクの一部を肩代わりし、三井住友銀行を支援する。
 アマーギはブラジル中西部を拠点に穀物の生産や加工を手掛けており、丸紅などが日本に輸入をしている。融資は6年間の長期契約となる。穀物価格の高騰など緊急時にも一定量を日本へ輸出することを融資条件に盛り込む。
 政府が全額出資する日本貿易保険(NEXI)は、自然災害などで返済が滞った場合に損失を補償する、貿易保険を適用する。NEXIが農業融資に保険を付けるのは初めてとなる。
 安倍晋三首相のブラジル訪問に合わせ、三井住友フィナンシャルグループの宮田孝一社長が8月1日にも現地で融資契約を結ぶ方向で調整している。
 新興国の経済発展で穀物需給は逼迫が予想されている。政府は世界有数の穀物輸出国であるブラジルの農業を支援し、将来にわたる安定輸入先としたい考えだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ