ホーム | 文芸 | 連載小説 | 子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄 | 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=27

連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=27

 あれ程心身ともにどん底に落ち込んでいた母の奇跡的な甦りはただただドトール・メルカダンテの優しさと励ましの言葉のお陰だったと思う。医は仁術と云うが、正に佛様に見えた。
 唯一つ気になったのは最後の「命は一つ。大事にしなさい」。何かの暗示だったのだろうか。胸騒ぎが治まらない。でも、母の少なからず元気な姿を見ての家族一同の感激は、いかなる当局の圧迫にも屈する事のない勇気百倍と決死の魂を目覚めさせた。
 しかし、母の容態はひびが痛むらしく依然として足が立たない。それでも気丈だ。それが何よりの救いだった。それから何日か平和に過ごしたが、又しても家宅捜査の名目で前にも増しての狼藉振り。偉そうにしている兵隊でも、一瞬母の憎悪の目を恐れたように感じたが、それにもかまわず何を探すのか、ただの嫌がらせか、乱暴に家中を荒らし続けた。広くもない、家具もないたかが百姓の小屋を。
 そうだ。日本人はスパイだと言う噂が世間で取り沙汰されている。とするとあの父と兄の軍服姿の写真は、そういうことに使われているのかも。狂気の沙汰と笑い出したくなると同時に、これまで心身ともに踏み潰され続けると我ながら何時爆発するかの恐れもある。また、集団心理とは恐ろしいものだ。今までおとなしく従っていた使用人たちも反抗の気配を示すようになった。官憲の圧迫が加わるにつれ住民の中でも日本人が敵性国民に映り出して来た様で身に危険が迫って来る感じが強くなって来た。何とかせねば。
 あの頃は兄がすでに結婚しており、兄嫁が身ごもっていた。万一の事態に備えて置こうと考え、話し合いの結果、身重の兄嫁そして年老いた父母をどこか安全な場所へ送り、こっちが身軽になったら動きやすくなるからと云うことで、ドトール・メルカダンテが進めていた母の専門医への診察を理由にバーラ・ボニータ警察署へ重い足を運び、サルヴォ・コンドット(戦争当事伊、独、日人に与えられていた交通許可書)を申請したが、物の見事に却下され、非常の手段に出るより方法はなくなった。
 家族協議の結果、若い男は残り、父母と兄嫁、そしてみゆきに夜逃げの形をとってもらうことにした。そのために、朝早く好明と二人で最寄りの駅、カンポス・サレスまで行き、時間表の確認を取りに行った。
 目立たぬように8キロの道程を出来るだけ早く往復し、その夜にでも汽車に乗せる計画を立てた。最悪の場合、血と汗で再建の望みを賭け、開き始めたばかりの40アルケール近くの棉、全財産全てを放り投げての逃亡になりかねない。これも家族全員の、いや、中野家の危急存亡に関り、決死の行為であった。好明まではある程度分かっているはずだが、10歳になったばかりの稔はずっと母にまつわっている。
 しばしの別れが耐えられないのだろう。皆暗い表情をしている。マリリア行きの汽車は23時20分発だ。頼れる者はドゥアルチーナにしかいない。マリリア行きの途中で降り、ドゥアルチーナに着けば何とかなるだろうと、勿論確かな状況は把握できない。
 町にはタクシーが2台しかなく、夜中近くのタクシー代も法外といえるほど高かったが致し方がない。夜の10時に迎えに来てくれる事になった。まだ時間はある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=292014年7月29日 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=29  年齢から言えば、もうすぐ母親の近くに行くのだと言う事もわかっていた。皆嬉しかったが上の3人には一抹の不安がある。程なくカンポス・サレスに着いた。兄弟揃って歩いたら目立つから不安だ。でも、別々になるのも心細い。運良く小さな町で人出も少なく、ひっそりとした店が並んでいた。4人 […]
  • 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=282014年7月26日 連載小説=子供移民の半生記=家族みんなで分かちあった=異郷の地での苦しみと喜び=中野文雄=28  話したい事は山ほどあるが皆無口のまま。夕飯も喉を通らない。行く者も残る者もそれぞれ今後のことが心配なのだ。決死の行為であるこの旅がどんな意味を表し、どんな結果をもたらすか、神のみぞ知る。今生の別れとならんとも限らん。 残り少ない時間を家族水入らずで過ごそうと言う思いに反し […]
  • 《ブラジル》ゴールドファジン中銀総裁が退任か=後任にはR・カンポス氏が有力2018年11月15日 《ブラジル》ゴールドファジン中銀総裁が退任か=後任にはR・カンポス氏が有力  ジャイール・ボウソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)の政権移行チームは、イラン・ゴールドファジン現ブラジル中銀総裁の後任の人選に当たっていると、13、14日付現地紙・サイトが報じた。  13日にブラジリアのブラジル銀行文化センター(CCBB)で行われた政権移行スタッフ会議 […]
  • 東西南北2018年11月9日 東西南北  ジャイール・ボウソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「 […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]