ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | イスラエル=伯国の声明を強く批判=ガザ侵攻問題をめぐり=外務省は武力不均衡を指摘=呼び戻した大使当面戻らず

イスラエル=伯国の声明を強く批判=ガザ侵攻問題をめぐり=外務省は武力不均衡を指摘=呼び戻した大使当面戻らず

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 国連=ブラジルとベネズエラ両代表が口論=国民投票の実施をめぐり2016年11月4日 国連=ブラジルとベネズエラ両代表が口論=国民投票の実施をめぐり  スイスのジュネーブで1日に開かれた国連人権理事会でベネズエラの人権問題が取り上げられ、ブラジル代表が同国に対し、ニコラス・マドゥーロ大統領の罷免を求める国民投票のための署名を打ち切ったことを批判、同国代表と激しい口論となった。3日付エスタード紙が報じている。  伯国国連大使 […]
  • 世界からジウマ罷免に反対=映画界・音楽界が立ち上がるも2016年8月26日 世界からジウマ罷免に反対=映画界・音楽界が立ち上がるも  24日、アメリカを中心としたアーティストの団体が、ジウマ大統領の罷免は「民主主義に反している」と抗議する文書を発表した。  この文書には、映画界などの有名人22人が署名している。代表的な名前としては、大ヒット映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出演した俳優のヴィゴ・モーテンセ […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定2016年5月18日 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定  【既報関連】ジウマ大統領停職を受けて発足したテーメル暫定政権が、中南米諸国からの批判に対して矢継ぎ早に外交文書を発行、労働者党(PT)政権との立場の違いを明確にしたと14~17日付伯字紙が報じた。 テーメル暫定政権は12日、ジウマ大統領に対する罷免手続き開始により同大統領が1 […]
  • セーラ=ベ国のメルコスル議長国阻止へ=FHCと共にウ国で会談=民主主義問題で強い疑問=左翼政権倒れて形成逆転2016年7月7日 セーラ=ベ国のメルコスル議長国阻止へ=FHCと共にウ国で会談=民主主義問題で強い疑問=左翼政権倒れて形成逆転  ジョゼ・セーラ外相(民主社会党・PSDB)は5日、カルドーゾ元大統領と共にウルグアイのモンテビデオに向かい、同国の首脳と会談を行った。目的は、南米共同市場(メルコスル)でベネズエラが次の議長国になるのを牽制するためだ。6日付伯字紙が報じている。 セーラ外相と、ウルグアイ側から […]