ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 整形手術国際協会(Isaps)が発表したところによると、2013年に世界で行なわれた美容整形で、伯国が米国を抜き、世界一の美容整形大国になったという。その数は149万1721件で、米国を約4万件上回った。その他、3位メキシコ、6位コロンビア、8位ベネズエラ、9位アルゼンチンと中南米勢が上位10傑の半数を占めている。みずからも伯人であるIsapsのカルロス・ウエベル会長によると「Cクラスの経済力の向上が大きい」とのこと。なお、伯国で最も多いのは「脂肪吸引」で「シリコン」「豊胸」と続く。また全19種の手術のうち、10種で伯国がトップだという。
     ◎
 大聖市圏カラピクイーバの市警は、13日と26日に同市で起き、合計12人の命が犠牲となった連続殺戮に関し、軍警が殺戮隊を組んで行なったものであるとみて調査中だと発表した。既に2人の軍警が、この殺戮に参加したとして逮捕されているという。市警によれば、殺戮現場にあった銃弾の種類や目撃証言が決め手になったという。市警は現在、原因を調査中だが、19日に軍警のアダイウトン・ダ・シウヴァ・ソウザさん殺害事件への報復も一因ではないかと見ている。
     ◎
 サッカーのセレソン前監督のフェリポン氏が29日、グレミオの監督に就任したことが発表された。グレミオは同氏が監督として注目されるきっかけとなったチームで、新監督は「戻って来れて本当に嬉しい」と語った。フェリポン氏は90年代半ばに同チームを率い、95年のリベルタドーレス、96年の全国選手権を制している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2016年4月7日 東西南北  下院でジウマ大統領罷免に関する動きが進むのと並行して、いろんな主張が外で行われている。最高裁のアウレーリオ・メロ判事は、エドゥアルド・クーニャ下院議長に対し、シジ・ゴメス元教育相から出されたミシェル・テメル副大統領の罷免請求を受け付けるようにとの命令を下した。一方で、10年、 […]
  • 東西南北2015年6月16日 東西南北  14日、サッカーのセレソンはコッパ・アメリカのグループ・リーグ第1戦の対ペルー戦で先制点を許すなど苦しんだが、2―1で勝利をもぎとった。この日は、オスカール欠場でゲームメーカー役を期待されているフィリペ・コウチーニョが怪我で欠場し、慣れない布陣での戦いとなったが、エースの […]
  • 東西南北2016年3月5日 東西南北  4日に起きたラヴァ・ジャット作戦でのルーラ前大統領の強制連行と取調べは伯国を大きく揺るがし、世界的にも報道された。近隣のアルゼンチンやウルグアイ、ベネズエラなどでサイトのトップ扱いで報道されたのをはじめ、ラ米以外の国でも、ニューヨーク・タイムスが国際面トップで報道するなど、多 […]
  • 東西南北2013年5月3日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月3日  1日は世界中で「労働者の日(メーデー)」が祝われたが、平穏だった伯国に比べ南米諸国は荒れ模様だった国も珍しくない。アルゼンチンでは労組がチェ・ゲバラの旗を揚げて抗議活動を行い、チリのサンチアゴでは労組代表と警察が対立し、大乱闘になる騒ぎが起こ […]