ホーム | 日系社会ニュース | ブルーツリーホテル=リンスで日本文化週間=サンパウロ市でプレイベント開催

ブルーツリーホテル=リンスで日本文化週間=サンパウロ市でプレイベント開催

 

関係者らに感謝をのべる青木社長

関係者らに感謝をのべる青木社長

 リンス市のホテル・ブルーツリーパークで8月3日から8日間開かれる「第7回日本文化週間」「第2回リンスフェスタ」のプレイベントとし、23日、サンパウロ市のホテル・ブルーツリープレミアムパウリスタで夕食会が開かれた。
 リンス市が日本人移住百周年を祝った2008年、青木智栄子社長の発案で初開催された。料理教室、生け花、カラオケ、ゲートボール大会、盆踊り、音楽ショーなど様々な催しがホテル内で開かれる。2年後には市の公式行事となり、地域を巻き込んだ大イベントに成長した。
 青木社長は、「1回目の参加者は100人程度だったが、昨年は6千人もが来場した。しなびた町になっていたリンスがすっかり変わり、夢と希望あふれる町になった」と市の活性化を喜び、関係者らに感謝を述べた。
 日本文化週間のスポンサー、ホテルの客、旅行社、日系団体代表者など約130人が来場。イベントを後援するブラデスコ銀行の木村光男ディレクターの音頭で乾杯後、二世のバンド「Os Nisseis」の演奏と小池信シェフの料理を楽しみながら、今年のイベントの成功を願った。
 日本週間中の宿泊費等の詳細は、ホテル・ブルーツリーパークのサイト(www.bluetreeparklins.com.br/lins/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2004年12月3日 今週末の催し 12月3日(金)                土曜日  仏教連合会成道会、四日午前十時、本派本願寺ブラジル別院。      □ […]
  • ケーザル・バチスチ=最高裁最終公判へ=ブラジル逗留の可能性も2009年11月13日 ケーザル・バチスチ=最高裁最終公判へ=ブラジル逗留の可能性も ニッケイ新聞 2009年11月13日付け  最高裁は12日、ケーザル・バチスチ容疑者のイタリア政府へ身柄引渡し決定をする最終公判を行なうが、当分は刑執行はないと12日付けエスタード紙が報じた。 […]
  • キューバ改革の嵐=自由が分からず戸惑う国民2008年3月26日 キューバ改革の嵐=自由が分からず戸惑う国民 ニッケイ新聞 2008年3月26日付け  キューバ共産政権は、農業資材の自由販売に続き、公団経営の集団農場を民営化することを発表した。農産物の生産と販売が農務省管轄から解放され、生産者は個人経営か組合化かで協議を重ねている。 […]
  • コーヒー=最大生産国が輸入=ブラジルは国産と舶来の戦場2008年11月26日 コーヒー=最大生産国が輸入=ブラジルは国産と舶来の戦場 ニッケイ新聞 2008年11月26日付け […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]