樹海

 安倍首相夫妻は文協大講堂を埋めた全員と異例の記念撮影をした。その撮影データは文協に残されたので、希望者は同事務局で手に入る。いろいろな著名人来伯を取材したが、こんな場面は初めて見た。首相夫妻と一緒に収まった写真を得たことで、本人だけでなく子々孫々にも記念すべき日となった▼記者会見で首相は「日系人が培ってきたそれぞれの国や日本との信頼関係を土台として、ともに発展・啓発していくことができると確信している」と語ったが、夫妻のサンパウロ市日程はまさに日系社会に重点を置いたものだった▼日本の選挙権もない二、三世が多く混じる文協大講堂の全員と、約20人ずつ記念撮影する姿を見ながら、日系人との信頼関係を写真に定着させようとする行為だと感じた▼首相が会見で「地域で頑張っている中堅・中小企業の活躍の舞台を、世界へと広げるのを支援していきたい」と語ったのを聞き、県連日本祭りこそが絶好の舞台だと膝を叩いた。日本の地方物産や文化を当地で広く紹介できる場は他にない。「地方から直接に世界へ」という動きを国が支援するのであれば、日本祭りは間違いなく最高の受け皿だ▼首相夫妻は朝一番で日本館に立ち寄りパウ・ブラジルを植樹した。著名人は普通、儀式的にスコップ2、3杯の土をかけてお終いだが、夫妻は10数杯もかけて背で土を叩いた上で『水はないのか』と持ってこさせ、ジョウロの水を最後までかけたとか▼その場面を見た文協職員は「夫妻はその木をなでるように触り『大きくなれよ』と声をかけている感じでした」という。日系という土台に植えられた日伯友好の木から、大輪の花が咲くのはいつ頃か。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 眞子さまご訪問は何をもたらすか2018年8月18日 眞子さまご訪問は何をもたらすか  宮内庁は8日、「ブラジルご訪問を終えてのご印象」として、眞子さまのお言葉をサイト上で公開した。10日間で5州14都市をご訪問されたなかでも、我々にとって最も感動的だったのは、皇族として初めてご訪問された平野植民地での出来事ではないか▼初期移民がマラリアで次々と斃れてい […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]