ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 穀物は2・6%の増収か=作付面積は6・1%拡大

こちらの記事もどうぞ

  • GDP=3Qは1・7%のマイナス=世界ワースト級の下落=15年はこれまで4・5%減=いずれの部門も振るわず2015年12月2日 GDP=3Qは1・7%のマイナス=世界ワースト級の下落=15年はこれまで4・5%減=いずれの部門も振るわず  地理統計が1日に発表した15年第3四半期の国内総生産(GDP)は、第3四半期としては96年の統計開始以来最低の前期比1・7%のマイナス成長となった。今年の累積では3・2%、昨年同期比では4・5%のマイナスとなっている。1日付伯字紙サイトが報じている。 15年に入ってからのGD […]
  • 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇2017年8月31日 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇  ブラジルで、賃貸不動産契約をインフレ調整する時などに使われる、総合市場物価指数(IGP―M)の8月の数値は、プラス0・1%を記録した。  この数値は、リオのジェトゥーリオ・バルガス(FGV)財団が、30日に発表したものだ。  IGP―Mは今年4月以降、7月まで、4カ月連続 […]
  • 国も節水キャンペーン=干ばつと食糧生産の会議も2015年2月13日 国も節水キャンペーン=干ばつと食糧生産の会議も  サンパウロ州などでの水危機を受け、従来は資金援助のみとの姿勢を貫いていた連邦政府が節水キャンペーンを行うと12日付エスタード紙が報じた。 水の供給確保などは州政府の管轄だが、渇水問題は電力供給や農業生産にも関係するため、節電キャンペーンも並行して行う意向だ。 11日は、官 […]
  • 農作物は今年も増産か=昨年比8・6%増と予想2015年9月12日 農作物は今年も増産か=昨年比8・6%増と予想  地理統計院(IBGE)が11日、8月の調査の結果、今年1~12月の穀物、豆類、油糧種子の収量は昨年より8・6%増の2億1千万トンに達する見込みと発表した。7月の調査では2億900万トンとの予想だったため、今年で最も肯定的な見通しとなった事になる。 IBGEが調査している26品 […]
  • ブラジル農業の行く先は?=「一貫した政策のない国」=技術や生産性は向上したが2014年9月23日 ブラジル農業の行く先は?=「一貫した政策のない国」=技術や生産性は向上したが  エスタード紙が18日に、国内総生産(GDP)の22・8%を占め、貿易収支の赤字転落を防ぐだけではなく、世界の食糧庫としても重要な役割を果たしているブラジルの農業に関するフォーラムを開催と22日付エスタード紙が報じた。 「米国西部の開拓者達は英雄扱いされるが、南大河州の農家 […]