ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 NHK・BS1は、勝ち負け抗争をテーマに『遠い祖国 ~ブラジル日系人抗争の真実~』を制作し、日本時間15、16日晩に前後編に分けて放送される。「前編」では〃新天地〃という言葉に誘われ海を渡った移民たちが体験した過酷な生活やブラジル政府からの弾圧を当事者たちの証言で描く。「後編」では、勝ち負け抗争が何故暗殺事件にまでいたったのか、加害者・被害者双方の人生からその真相に迫るという。今月5月頃に取材班がサンパウロ州各地を回っていた。でも、これが放送されるのは日本国内向けチャンネルのみ。ブラジルを舞台にしているのに、どうして当地で見られないのか。

     ◎

 日系人狙いの振り込め詐欺が今も続いているようだ。本紙に情報を寄せたサンパウロ市内在住の戦後移民女性によれば、14日午前9時頃、息子の代理人で「松本マリオ」と名乗る男から、「あなたの息子が事故を起こした」と自宅に電話があった。その女性が「息子に代わって」というと、自称〃息子〃は「風邪を引いた」とゴホゴボと咳をするばかり。普段、家庭内で使う日本語で話しかけても反応を見せないことから「オカシイ、振り込めサギかも」と気付いた。その男は女性の苗字を知っていたよう。読者の皆さんも、くれぐれも気をつけて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年1月16日 大耳小耳  『文藝春秋』1月号にはペルー大使公邸占拠事件の体験記があった。当時の青木盛久駐ペルー大使によるもので、「日本人の不屈の精神に救われた」という。72人(うち日本人24人)もが人質になり、最初は便器が詰まってトイレはバスタブまで糞尿まみれに。日本人が率先して掃除をし、自治会を作っ […]
  • 大耳小耳2014年12月5日 大耳小耳  全伯で最大規模を誇る養鶏場は、なんといってもバストスのグランジャ薮田の500万羽だといわれるが、伊藤悟さんの200万羽も十分に5本指に入りそうな規模だ。さらに南米最大の市場であるサンパウロ市まで100キロの好立地を誇り、徹底的に機械化を進めるグランジャ・スマレーは「効率で […]
  • 大耳小耳2014年9月3日 大耳小耳  裏千家の記念大会のため、日本の総本部から来伯したのは約50人。その内の一人、広報部の有田外喜彦主査によれば、「お茶っ葉など、税関に没収された物品もある」とか。食品関係は福島原発事故の影響もあるようだ。さらに輸送手続きに1年かかったものや、ハワイを経由させたものもあったとか […]
  • 大耳小耳2013年2月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月1日付け […]
  • 大耳小耳2013年3月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月27日 […]