ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 若い有権者が多い北部=南東部や南部は高齢化?

若い有権者が多い北部=南東部や南部は高齢化?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ■アルベルト・ジネス氏死去■軍政時代の反骨ジャーナリスト2018年5月24日 ■アルベルト・ジネス氏死去■軍政時代の反骨ジャーナリスト  軍政時代に「反骨のジャーナリスト」として知られたアルベルト・ジネス氏(86)が22日、サンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で亡くなった。風邪をこじらせて肺炎を起こしたという。23日付現地紙が報じている。  1932年リオ生まれのジネス氏は、20代を映画評論家として過 […]
  • 東西南北2014年11月22日 東西南北  ブラジルを代表する家具や家電の大型小売店、カーザス・バイアの創業者、サムエル・クライン氏が20日、サンパウロ市アウベルト・アインシュタイン病院で呼吸器不全のために亡くなった。91歳だった。1923年にユダヤ系ポーランド移民として生まれた同氏は、第2次世界大戦中にナチスから […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月7日 あけましておめでとうございます  皆様、あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。  2017年10月にサンパウロに着任し2回目のお正月を迎えております。2018年は私にとって初めて1年間を通してサンパウロで生活し、勤務した年になりました。 […]
  • 生誕70年を記念し、特別なプログラムを組んだクリチーバの文化施設(Luiz Cequinel/FCC)2014年8月26日 反体制的な前衛詩人=パウロ・レミンスキー生誕70年=クリチーバで記念の催し=日本文化にも造詣深く  詩人、作家、文芸批評家、翻訳家として多彩な才能を発揮した文化人の故パウロ・レミンスキー(1944―1989)が、8月24日に生誕70周年を迎えた。出身地のパラナ州クリチーバでは18~22日まで、レミンスキーの名を冠した文化施設「Casa da Cultura Paulo […]
  • 大耳小耳2013年3月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月7日  第二次大戦下のブラジル移民の苦闘を描いた『南米の戦野に孤立して』の著者・故岸本昻一さんの孫、岸本アレシャンドレさんが、ブラジルでの日本映画の歴史をたどった『Cinema Japones na […]