ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ポルト・アレグレ日本語学校校舎売却を巡って一時期は対立関係にあった文協と南日伯援護協会。最終的には売却しないことで決着をみたが、両団体の関係について現文協会長の谷口浩さんに聞くと「6月には文協会員も手伝って日本語学校で援協主催のバザーを行った。仲良くなったというよりも、もとに戻っただけだよ」と笑って話す。援協で15年理事を務めていた小清水恵一さん(77、神奈川)も「わだかまりが無いわけではないが、それも時間が解決するのでは。日本祭りにはその力がある」。
     ◎
 磐田農高の訪問団と静岡県人会との交流昼食会で、生徒らは恭しく来賓席に鎮座。歓迎の意をこめたのだろうが、会員たちとは少々距離をおいての会食となり、逆に歓談しにくい状況に。何人かの会員らが声をかけに席を離れるのを見て、「むしろ一緒になって団らんした方が良いのでは?」との疑問が浮かんだ。同高卒の参加者もいただけに、もっと効果的な親睦の形があったはずでは。
     ◎
 またその交流事業で訪れた神村忠志教諭は、経由地の米ロサンゼルス上空から見下ろした荒野の広がる景色が印象的だったと話す。農業高校の教師らしく、「大量生産の弊害が大きいのでは」と環境破壊が気になったよう。着伯に際しても森林や農地の開発具合を厳しくチェック。生徒だけでなく教員たちの果たすべき役割も大きそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。サンパウロ市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができ […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『あるブラジルの日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県 […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2016年7月5日 大耳小耳  県連50周年記念事業として企画された講演会。四世以降の日系社会離れが深刻化するなかで、いかに日系社会を活性化させていくかという観点から考案されたと言う。中沢宏一さん(宮城)は、「日本祭り開催や慰霊碑の管理、ふるさと巡りなど独自の活動をしてきた県連。他国にはない強力な団体だ」と […]
  • 大耳小耳2016年7月22日 大耳小耳  『岩手日報』7月21日付国際面の「海外県人会だより」コーナーでは、県連日本祭りの岩手県人会食ブースの奮闘ぶりが、千田曠曉会長によって次のように報告された。《岩手県人会は、長年出品している岩手産ワカメを使用した「三陸わかめうどん」が目玉。わかめソバ、コロッケ弁当、コロッケ(ブラ […]