ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 干ばつ=SF川水源地で水枯れ=生態系や経済への影響深刻

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》電気代が産業の回復を阻害=旱魃が生産コスト削減の壁に2017年11月9日 《ブラジル》電気代が産業の回復を阻害=旱魃が生産コスト削減の壁に  【既報関連】今年のブラジルの少雨・旱魃は記録的で、北東部や中西部、南東部の水力発電所は軒並み、ダム貯水量が減り、発電コストがより高い火力発電所の稼動を余儀なくされている。  4日付現地紙によると、少雨・旱魃に伴う貯水ダムの水位低下は、バイア州ソブラジーニョの2・66%、ゴイ […]
  • 水問題を巡る会合後の記者会見(1月30日、左からジェラウド・アウキミン聖州知事、アロイジオ・メルカダンテ官房長官、イザベラ・テイシェイラ環境相、José Cruz/Agência Brasil)2015年2月4日 水や電気への不安募る=国内総生産は2%低下?=工業界に迫られる節約や再利用  南東伯中心に水や電力の供給不安が広がる中、水や電力の供給制限が行われれば、今年の国内総生産(GDP)は2%程度落ちるとの見解も発表されたと1日付エスタード紙などが報じている。 クレジット・スイッセ銀行は、電力供給が制限された時のGDPは1・5%、水の供給制限も重なればGD […]
  • 全国各地で大規模抗議集会=左翼系団体が統一行動=道路封鎖し、発電所を占拠2007年5月25日 全国各地で大規模抗議集会=左翼系団体が統一行動=道路封鎖し、発電所を占拠 2007年5月25日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十四日】労組や社会活動団体が制定した国家闘争の日の二十三日、全国十六州とブラジリア連邦直轄区で大規模な抗議集会が展開され、鎮圧に当った警官隊と衝突する事態に陥った。 […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(4)=州の保養地、サンタ・フェへ=悠久の大河、パラナ川に憩う2018年10月23日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(4)=州の保養地、サンタ・フェへ=悠久の大河、パラナ川に憩う  故郷巡り3日目の9月22日、訪問地はサンタフェ・ド・スール。同市の歴史を紐解くと、1920年に英国の石油会社代表ジョン・バイアック・パジェット氏が石油探索を目的に、パラナ川に添った3万2千アルケールの土地を購入したことに始まる。  46年に土地所有を正当化させるため […]
  • ■今週末の催し2018年9月20日 ■今週末の催し  22日(土曜日)  第38回花といちごの祭典、午前9時から午後6時まで、アチバイア市エドムンド・ザノニ市立公園(Av. Horácio Neto, 1030 - Jardim Tapajós)、金・日曜も      ◎  名画友の会、22日昼12時半、熟連会館(Rua […]