ホーム | コラム | 樹海 | 魚にも一票が必要?!

魚にも一票が必要?!

 週刊『新潮』9月25日号に衝撃的な書き出しの文章があった。《がんと人類は似たような面があります。ともに、周囲の環境を破壊しながら、「増殖」を続けるところです》というものだ。以前から思っていたが、認めたくなかった内容が真正面から書いてあった▼《今や、世界の人口は70億になり、100億も目の前です。がん細胞の数と同様、人口も〃指数関数的に〃増えますから、遠くない将来、人口が1000億あるいは1兆となるかもしれませんが、そのとき、地球の環境は果たして持ちこたえることができるでしょうか? 正直言って、私は悲観的です》と続く。これは東大病院放射線科の中川恵一准教授、つまり東大のがん専門家が書いたものだ▼例えば「サンパウロ市都市圏の900万人に水を供給するカンタレイラ水系が、あと50日余りしかもたない」との報道が先週あったが、そこでも感じた。記事中で心配されているのは、人間の飲み水だけだ▼通常使わない貯水湖の底に残った水まで汲み上げている状態だから、同水系の魚などの生物一般、生態系も完全に破壊される可能性が高いはずだ。リオでエコサミットを開催するほど環境に関心があるブラジルだが、不思議なことに国民生活に関わることになると、誰も生態系のことを心配しないように見える▼選挙前だから余計に「人類のエゴ」が出るのか。緑の党ですらも「市民に供給する水より生態系を大事にしろ」と主張したら票を減らすと考えているのだろうか。民主主義において魚に一票はないし、代弁するものもいない。やっぱり《周囲の環境を破壊しながら「増殖」を続ける》のが人類の宿命なのか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月1日 東西南北  今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボルソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」 […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月19日 東西南北  サンパウロ大都市圏オザスコの連邦地裁は17日、次期サンパウロ州選出下議のアレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)に対し、リオ選出下議のジャン・ウイリス氏(社会主義自由党・PSOL)に29万5千レアルの罰金を支払うよう命じた。それは、フロッタ氏がウイリス氏は「小児性愛 […]
  • 東西南北2018年12月18日 東西南北  今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に […]