ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 インターネットメディアの「ブラジルポスト」が18日、日系人を題材にしたコラムを掲載した。その名も「日本人の祖父母を持つ家庭に共通する16のコト」。塩なしのふっくらした白米、炊飯ジャーは花柄模様、折鶴が置いてある、歌手といえばテレサ・テンなど。時代を感じさせる事柄も多いが、「あるある!」と共感できる三世も多い? 続きが気になる方はサイト(brasilpost.com.br)から「japoneses」で検索を。
     ◎
 「元々生徒は取らなかった」と語る豊田豊さん。造形作家の廣田健一さんが10年前に逝去し、その元生徒らに「絵画教室を開いて」と頼み込まれたのがきっかけとなった。廣田さんの元生徒・多菊フミさんは「豊田さんが引き受けてくれると分かった時、嬉しくて眠れなかった」と当時を思い起こす。昨年と今年の文協美術展で受賞した林とし子さんも「先生のご指導のおかげ」と満足の表情だ。初の展示会開催を機に、生徒の士気が更に高まりそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月24日 大耳小耳  23日付け本紙1面には日本政府が、G20で開催された「日・ブラジル首脳会談」の内容を報告する広告を掲載している。日本政府が邦字紙を通して、直接に在外邦人に知らせる画期的な取り組みであり、今後も両国の節目節目に期待されるところ。日本政府のこのような取り組みに関してご意見がある読 […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年に聖市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでになったと […]
  • 大耳小耳2019年2月2日 大耳小耳  公益社団法人「日本財団」は、世界各地域での若手日系人(18~35歳)を対象に、意識調査を実施している。同法人によれば、世界規模で日系人に関する意識調査が行われるのは初めて。日系人を「移住した日本人の子孫」と定義し、国策移住者の子弟のみならず、海外赴任や国際結婚により移住した日 […]
  • 大耳小耳2018年10月17日 大耳小耳  頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社 […]