ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 日系旅行会社の指摘によって、JBAC社(査証センターを運営)の旅行業務開始が明らかになった。一つ気になったのは、同社の小幡敬之代表の「販売量はほとんどない」という一言だ。
 そう言えばある旅行社は「約束が違う」「不公平」と反発していたが、他社は「特に影響はない」と鈍い反応だった。中には、JBACの旅行業務開始を知らない関係者すらいた。
 思ったほど影響がないのかとも思い、申請者数を尋ねたが「現在公表していない」とか。総領事館から委託されたとはいえ民間企業だから、ライバル社を益する情報は出せないようだ。
 査証センターの日本語サイトにはないが、ポ語サイトには「JBACは日本国内の旅行業務を始めました」としっかり明記している。「査証センターでなく、あくまでJBAC。別窓口」のはずだが、ポ語サイト上では意図的に混同?(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ