ホーム | イベント情報 | 藤間流新年踊り初め=芳之丞さん偲び、来月11日

藤間流新年踊り初め=芳之丞さん偲び、来月11日

案内に訪れた師範の皆さん

案内に訪れた師範の皆さん

 藤間流日本舞踊学校は1月11日午後1時から、文協(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)の多目的ホール(旧体育館)で「第54回新春日本舞踊 踊り初めの会」を開催する。入場料はお年玉くじ引き券付きで30レアル。
 第一部は普通科、第二部は専攻科、第三部は師範科による「祝賀の色彩り」、総出演のフィナーレでは「踊る!踊る!!踊る!!!」という恒例のプログラムが用意された。
 8月に逝去した創始者の芳之丞さんを偲び、顕彰の意味もこめて開催される。同校から藤間芳誠さんらが案内に訪れ、「師匠が55年かけて指導してきた演目を、生徒らが心をこめて披露します」と呼びかけた。
 問い合わせは芳誠さん(11・5565・6155)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人文研=カンパ展売上げ五万レ=寄付は「人文研叢書」に2006年3月25日 人文研=カンパ展売上げ五万レ=寄付は「人文研叢書」に 2006年3月25日(土)  【既報関連】ブラジル日系美術館で開かれた人文研資金カンパ展の売上げが五万レアル以上に上ったことが、このほど分かった。 […]
  • 菅沼東洋司・画のイグアッペの聖堂(『森の夢2』 醍醐麻沙夫著、1977年 サンパウロ新聞連載より)2015年4月23日 書評=『一粒の米もし死なずば』(著者 深沢正雪)=伊那 宏=(上)  私が本書を繙くきっかけになったのは、イグアッペ植民地やレジストロ地方について特に興味を喚起されたから……ではない。本書冒頭に載っているイグアッペ市の中心にある教会の写真に、ふっと遠い日の記憶を呼び覚まされたからである。それはもう五十年近い前のことになる。    ○ サンパ […]
  • マナブ・マベ日伯近代美術館=サンパウロ市から2百万レアル=4日にカサビ市長と調印式2009年10月1日 マナブ・マベ日伯近代美術館=サンパウロ市から2百万レアル=4日にカサビ市長と調印式 ニッケイ新聞 2009年10月1日付け  100周年事業の一環としてマナブ・マベ協会(Instituto Manabu […]
  • コラム オーリャ!2005年5月24日 コラム オーリャ!  ブラジルのインディオ社会の実地調査をまとめた『悲しき熱帯』が刊行されて五十年がたった。 この人類学の古典を、二十二日付フォーリャ紙が特集を組んで再検証。日本を愛着してやまない著者レヴィ・ストロースがかつて、邦訳版に寄せた序文も転載していた。 […]
  • 伯中貿易が不況克服=主要取引は米国から中国へ2009年5月6日 伯中貿易が不況克服=主要取引は米国から中国へ ニッケイ新聞 2009年5月6日付け  産業開発省は四日、四月の貿易収支が三十七億千二百万ドルの黒字と発表したことを五日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。輸出が百二十三億二千二百万ドル、輸入が八十六億千万ドルであった。 […]