ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 大塚プロジェクトのビル改修が一段落した文協。山下リジア史料館運営副委員長は、「3階の事務所が綺麗になって、来館する研究者にとっても作業がはかどる空間となった。史料保持という観点からも大変喜ばしい」と笑顔。それは従業員にとっても同じはず。読者の皆さんも新装した事務所で、ボランティアとして手伝ってみませんか?
     ◎
 コロンビアであった南米マスターズ陸上で、ベテラン日系選手達が金メダル33個という好成績を残した。その背景には、競技場トラックに敷かれた舗装材ゴムチップが要因にあったよう。当地のトラックはゴム層が薄く、数年もすれば路面がむき出しになることもあるが、同会場のゴム層は分厚く敷かれて弾力性があり、足腰に優しかったとか。ブラジルの劣悪な環境で鍛えたことが、結果的には良かったのかも。
     ◎
 電通(本社・東京)0が、ブラジル最大規模のOOH広告会社「OOHプラス」(本社・聖、リオ市)を買収すると発表した。「OOH」は「アウト・オブ・ホーム」の略で、野外・交通広告など家庭の外で接触するメディアのこと。同社リリースによると、英国の子会社を通して全株式を取得するとか。電通は5月に当地の総合広告会社「NBS」を買収したところ。五輪開催に向けて着々と事業拡大を進めているよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フェリペ・ナスル(ウィキペディアより)2014年11月12日 「F1界のネイマール」ナスル=王国ブラジルの再建に期待  9日に開催されたF1のブラジルGPで、フェリペ・マッサが3位に入賞。2008年のマッサ自身の優勝以来、ブラジル勢5年ぶりの表彰となり地元は久しぶりに沸いた。だが、「F1王国ブラジル復活」は、むしろ来年以降かもしれない。 その「王国復活」の期待を背負っているのが、現在22歳 […]
  • 《ブラジル》上下水道普及率9割目指す=7千億レアルを官民合同で投資か=公衆衛生法案が両院通過2020年6月26日 《ブラジル》上下水道普及率9割目指す=7千億レアルを官民合同で投資か=公衆衛生法案が両院通過  24日、上院で上下水道整備に関する規制の枠組みなどを定めた基礎公衆衛生法案の審議が行われ、賛成多数で承認された。同法案は、2033年までに、99%の国民に水道を行き渡らせ、90%の下水を処理することを目標としている。これはまた、水道局を民営化させるための大きな一歩とも […]
  • コラム オーリャ!2013年3月7日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年3月7日  農林水産省による「中南米日系農業者連携交流委託事業」の取りまとめとし、昨月「日系農業連絡会議」が開かれ、各事業の報告が行われた。 […]
  • 堀美智子さん行方不明に2005年10月18日 堀美智子さん行方不明に 2005年10月18日(火)  カッポンボニート市在住の堀繁光さん(70)の妻、美智子さん(旧姓田本、60)=写真=が九月二十一日に自宅を出たまま行方不明になっている。 […]
  • 日系の皆さまのご意見を=財団法人・海外日系人協会=塚田千裕理事長2010年1月1日 日系の皆さまのご意見を=財団法人・海外日系人協会=塚田千裕理事長 ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  新年あけましておめでとうございます。  ブラジルに在住される皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申しあげます。 […]