ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 コロニアには驚くべき高齢者が存在する。例えば100メートルを15秒台で走る清水義之さん(86)だ。南米マスターズ陸上の85歳以上部門で金メダルを獲得した。
 ベテラン陸上選手に言わせれば、「70代に入ると衰えがたたり、記録の下降が顕著になる」というが、一般人なら齢四十を過ぎれば老化が始まるところ。彼らの老いはずっと先らしい。
 健康維持の一つは飲料水にあるという。「人生ずっと水道水のみ。市販の水は何が入っているか分からない。一度も買ったことがない」というから驚き。「水道水が最も害が少ない」というのが清水説だ。
 事実これだけ健康なのだから説得力がある。かといって水道水が本当に安全とは言い切れない。そこでポツリ、「知らぬが仏ですよ」。――そうした精神力が、何よりも健康の秘訣だと察した瞬間だった。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • YOSAKOIソーランの出番=サンパウロ市450周年祭の〝舞台〟へ2004年1月8日 YOSAKOIソーランの出番=サンパウロ市450周年祭の〝舞台〟へ 1月8日(木)  第二回YOSAKOIソーラン祭(同祭組織委員会主催、飯島秀昭委員長)に明るい話題がちらほらと聞こえ始めた。同祭は、七月にイビラプエラ公園と体育館での開催をサンパウロ市に申請中だ。 […]
  • 東西南北2004年7月6日 東西南北 7月6日(火) […]
  • バイレ「ハワイの夜」=ナンデモヤで29日2006年4月20日 バイレ「ハワイの夜」=ナンデモヤで29日 2006年4月20日(木)  バイレ・エリカ・カワハシ「ハワイの夜」が二十九日午後七時から、サンパウロ市リベルダーデ区のレストラン・ナンデモヤ(Rua Americo de Campos, […]
  • 菊池輪番と川上寛祐書記2014年10月8日 真宗大谷派=南米開教区が記念誌刊行=60年史を日ポ両語で  2012年に南米開教60周年を迎えた真宗大谷派南米開教区が、このほど記念誌『写真で綴る―真宗大谷派南米開教60年の歩み』(254頁、A4版)を刊行した。 1952年、宗祖親鸞聖人が顕かにした浄土真宗を伝えるべく、同派の布教・教化活動が南米でも始まった。同誌には日本移民の興 […]
  • 830億レの刺激策提示=1年半ぶりの大審議会で2016年1月30日 830億レの刺激策提示=1年半ぶりの大審議会で  連邦政府が28日、1年半ぶりの経済社会開発審議会(大審議会)を開催し、経済刺激のために830億レを市場に注入する意向を表明したと29日付伯字紙が報じた。 15年の税収は前年比微増の1兆2千億レ、基礎的財政収支は1150億レの大赤字、拡大消費者物価指数(IPCA)は10・67% […]