ホーム | イベント情報 | 懐メロ合唱の集い、来月3日

懐メロ合唱の集い、来月3日

 懐メロ合唱の集いが1月3日正午から、熟連クラブ連合会会館(Rua Dr. Siqueira Campos, 134, Liberdade)で開催される。参加自由、参加費6レアル。
 主催者は「友達を誘って一緒に元気に歌いましょう」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》地方統一選で指紋照合中止=期日延期に次ぐコロナの影響2020年7月16日 《ブラジル》地方統一選で指紋照合中止=期日延期に次ぐコロナの影響  選挙高裁(TSE)のルイス・ロベルト・バローゾ長官は、予想される投票会場での混雑を避けることを理由に、11月の地方統一選の際に、有権者が本人確認のために行う指紋照合を中止することに決めたと、15日付フォーリャ紙などが報じている。  バローゾ長官が今年の選挙で指紋照合 […]
  • MTが大豆の2期作禁ず=休耕で生産性向上目指す2015年2月13日 MTが大豆の2期作禁ず=休耕で生産性向上目指す  マット・グロッソ州の大豆生産農家が、同州の経済発展局や家族農業局などから2期目の大豆の作付けを禁じられ、大豆畑の休耕期間延長も義務付けられたと11日付フォーリャ紙が報じた。 大豆畑の休耕期間は当初、6月1日から9月30日の4カ月間とされていが、今回の通達では5月1日から9 […]
  • ヴァリグ競売は空振り=1社が最低価格の半額提示=倒産の可能性一気に高まる2006年6月10日 ヴァリグ競売は空振り=1社が最低価格の半額提示=倒産の可能性一気に高まる 2006年6月10日(土)  【エスタード・デ・サンパウロ紙九日】二七億レアル以上の債務を抱えて経営が破綻したヴァリグ航空の最後の再健策となった会社身売りの入札が八日に行われたが、政府の意図とは裏腹に応札は一社のみにとどまった。 […]
  • 5団体が特別委員会を設立=W杯、修交120周年に向け=県連代表者会議で報告2014年2月1日 5団体が特別委員会を設立=W杯、修交120周年に向け=県連代表者会議で報告 ニッケイ新聞 2014年2月1日 ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の1月度代表者会議が先月30日にあり、今年6月のサッカーW杯に向けた日本人訪問者支援委員会、来年の日伯修交120周年を記念した祭典委員会を、それぞれ先月中旬に日系5団体共催で立ち上げたことが発表さ […]
  • デング熱にも予防接種=ブタンタン研究所が開発2013年10月4日 デング熱にも予防接種=ブタンタン研究所が開発 ニッケイ新聞 2013年10月4日  サンパウロ市のブタンタン研究所がデング熱用の予防接種ワクチンを開発し、11月に人体への適用を試みるため、2日からボランティアの募集を開始したと3日付エスタード紙などが報じた。 […]