樹海

 前回の本欄でおせち文化はほぼ途絶え、もちが日本の正月を味わう数少ない文化だと書いた。その後に、ブラジル日系社会の一割にあたるといってもいい沖縄コロニアにおけるモチはどうなっているのかと気になった。沖縄では、もち粉を水でこねて蒸したものが多いらしい。その代表格がムーチー。月桃の葉で巻いたもので、健康を祈願する縁起物だ▼昨年の1月8日、沖縄・那覇にいた。まさに「ムーチーの日」で、ニュースなどで大きく取り上げられいた。公設市場に出かけてみると、店頭で山のように売られており、「これが沖縄の新年の味か」とその香りを楽しんだ。子供の歳の数だけ作って天井から吊るす文化があり、沖縄県人会の宮城あきらさん(76)は、「起きたときにぶら下げてあって、今でいうクリスマスプレゼントみたいに嬉しかった」と振り返る▼抗酸化作用が強く、かつては保存食として、数カ月はぶら下げてあったという。鑑賞とお茶用に自宅で月桃を栽培しているという大城栄子さん(64)は、「箪笥などに葉を入れるとカビたりしない」という。ただムーチーは作っておらず、「昔はあったが、今は作っている話も聞かない」という。おせちではないが、これも無くなった文化だろう▼夜になると、鬼になり人畜を襲う男がいた。困った妹がモチを腹一杯食べさせ眠り込んだところを崖に蹴り落とした故事から、「鬼モチ」とも呼ばれる。鬼退治から、沖縄の節分も気になるところだが、これは、またの機会に。こちらは当地では完全に消え去った。文化の掛け声をよく聞くが、何が残って、何が残ないのかが最近気になる。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • 新しいものは基本があってこそ2019年11月7日 新しいものは基本があってこそ  NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のあ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]