ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 当地での生活が1年を迎えた先日、ふと、日本にいた頃はあれほど気になっていたはずの労働問題の話題を忘れていることに気付いた。
 かつては、いわゆる「ブラック企業」の長時間労働や残業代不払いに強い問題意識を持ち、過労死報道には身内ごとのように胸を痛め、日本の行く末を案じていた…。
 意識の中心が日本からブラジルへ移ってきたからなのだろうか。たった1年で大切だと思っていた事を忘れてしまった自分に、驚きと無責任さと寂しさを覚える。
 当地には年を経ても、日本に強い想いを抱き続けている人がいる。「移民にとって祖国は、そういうものだろう」と漠然と納得していたのだが、自分の心変わりを自覚した今、「そんなに簡単なものじゃないぞ」と思うようになった。どんな曲折を経てその境地に至ったのか―改めて訊きたくなった。(石)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • いつから文協大講堂が「大聖堂」に?!2019年10月10日 いつから文協大講堂が「大聖堂」に?!  日本の演歌歌手・北山たけしが4日に聖市の日伯友好病院を訪問し、イペーを植樹した。1984年に北島三郎も同病院敷地内にイペーと桜の植樹を行ったこともあってか、日本のスポーツ新聞サイトでも報じられた。  だがそれらの記事をみると、6日に開催された「移民111周年記念スペシャルコ […]
  • 日本にはない「祭りダンス」2019年9月10日 日本にはない「祭りダンス」  先日、北パラナの日系イベントで盆踊りを目にした。参加者は月とちょうちんに照らされ、やぐらの太鼓奏者を囲み、歌謡曲などに合わせゆったりと踊っていた。若者や非日系人も多く、「これが日本文化継承の姿か」とぼんやり眺めていた。  数曲の歌謡曲が終わり、盆踊りも閉幕かという頃、突然1 […]
  • 三重県人は宣伝下手?2019年7月13日 三重県人は宣伝下手?  先日、県連日本祭りが開催され、約19万人来場の盛況を博した。オーリャ子も会場へ出向き、出身の三重県ブースを覗いたが、昼食時で他県ブースが混み合う中、なぜか閑散としていた。  三重県ブースでは椎茸ご飯、唐揚げ、いちご大福を販売。いちご大福は三重県発祥だが、他は「郷土食」だと聞 […]