樹海

 本棚を整理していたら、ひょんな弾みで昔の切り抜きが出てきた。その中に、走るのが大好きな幼女が賞品欲しさにマラソン大会に出る事を決め、練習するようにとの父親の勧めで家の近くを走り始めたが、練習の大変さに「マラソンなんて大嫌い」と言い始めるマンガがあり、懐かしく手に取った▼数日間の練習の後、朝から眉間にしわを寄せている娘を見た父親は、「走る事は素敵な事なのに嫌われるなんてマラソンがかわいそう」「誰かが一生懸命やりたいと思う事に嫌いという言葉が似合うなんて何だかとても悲しいじゃないか」と語りかけ、「自分で決めたものはもっと愛しんであげなくちゃね」と諭す▼「マラソンに隠れているステキな事をいっぱい見つけてお土産として聞かせてくれたら嬉しいんだけどな」と 言われた娘はその日、少し休んだだけで1・5キロを走りきる。夕食の時、汗が日の光に輝いているのに気づいた事や秋の気配を感じた事、風が吹いてくると風とすれ違っているように感じた事などを嬉々として報告した娘は、「早く明日にならないかな。早くマラソンの練習したいよ」とまで言うのだ▼30年近く前の作品だが、このやり取りは今読んでも温かさと示唆に富んでいる。産休を終えて職場復帰した若い女性は、「子供に飲ませなきゃ」と必死になっていた時は重圧だった搾乳も、「今日はどの位搾れるか」と楽しみながらやると、思いのほか早く溜まると言う。楽しみや喜びを見出せれば何事も頑張れる。人を奮い立たせたり、嫌いになりかけたものを好きにさせるような言葉、いつまでも感動を与えられるものを残せるかとも考えさせられた一時だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 予期せぬ出来事で苦しむ時2019年10月24日 予期せぬ出来事で苦しむ時  職場のパソコンが止まり、サイト用に送りそこなった記事がある。ミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊による252人目の犠牲者の遺体が19日に見つかった件だ。事故の3カ月前、双子の息子の1人を殺人事件で失っていた母親は、やっと戻ってきたもう1人の息子の遺体を隣に葬った▼遺族の苦しみ […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]