ホーム | 日系社会ニュース | エンブー文協が新年会=市長「日野町との交流に注力」

エンブー文協が新年会=市長「日野町との交流に注力」

エンブー文協関係者ら

エンブー文協関係者ら

 エンブー文協(木村パウロ会長)は17日、エンブー文協会館で新年会を開催し、清水重(しげる)元会長をはじめ歴代4代の会長、市長代理のアラン・レオン文化局長ら100人が新年を祝った。
 清水カルロス副会長の司会のもと、木村会長の挨拶で始まった。会場では餅つきが行われたほか、お雑煮など新年を飾る料理が並んだ。
 エンブー市と滋賀県日野町は昨年姉妹提携30周年を向かえた。シッコ・ブリット市長はこれまでの両都市間の取り組みを振り返りつつ、「今後は日野町との更なる友好関係を築けるよう交流事業に力を入れたい」とのコメントを寄せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ