ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | デング熱対策に特殊な蚊=ピラシカバで試験的に放出

こちらの記事もどうぞ

  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • ギランバレー症候群も増大=ジカ熱との関連性調査へ2016年2月19日 ギランバレー症候群も増大=ジカ熱との関連性調査へ  15年1月~11月にブラジルで発生したギランバレー症候群(SGB)の患者は1708人で、1日平均5人が発症、それ以前より19%増えたと世界保健機構(WHO)が発表したと18日付エスタード紙が報じた。 ブラジルはジカウイルスの影響を最も受けており、WHOは「立証はまだだが、ジカ […]
  • 小頭症700件を超える=北東伯で爆発的に流行中2015年11月25日 小頭症700件を超える=北東伯で爆発的に流行中 【既報関連】小頭症が疑われる新生児の数は700人を超えた。小頭症急増は保健省も懸念するところで、24日に最新データが発表されたと、24日付エスタード紙、同G1サイトが報じた。 小頭症はここ3カ月で急増し、流行状態と認定されるに至った。2週間前には、国家衛生緊急事態も宣言されてい […]
  • 北東3州=難病ギラン・バレー症候群が急増=悪化すれば呼吸器も麻痺2015年7月25日 北東3州=難病ギラン・バレー症候群が急増=悪化すれば呼吸器も麻痺  バイーア州南部海岸に住むベネジト・カルーゾさん(47)は、ゆっくりとした足取りながら家の前の道を近所のパン屋まであるいた。4月から5月にかけて20日間の入院中、全身が麻痺して歩く事も話す事もできなかった事を思えば大きな前進だ。 カルーゾさんは今年に入ってバイーア州で見つか […]
  • 東西南北2012年1月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年1月6日付け […]