ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | Vカンペジーナが活性化=今度はゴイアスと南大河で

Vカンペジーナが活性化=今度はゴイアスと南大河で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月22日 東西南北  昨日付本欄で報じた、サンパウロ市の「ヴィラーダ・クウツラル」開催中の19日未明、サンパウロ市セントロのアンニャンガバウーの会場に1歳の赤ちゃんが乳母車ごと置きざりにされた件で、住所不定の男性が20日に預かり先の病院に名乗り出た。警察によると、男性は会場で癲癇の発作を起こして乳 […]
  • 《ブラジル》給与総額が70億レアル伸びる=失業率低下や所得向上を反映2017年11月2日 《ブラジル》給与総額が70億レアル伸びる=失業率低下や所得向上を反映  全国家庭サンプル継続調査(Pnad Continua)によると、第3四半期に支払われた給与の総額は1881億レアルで、市場に出回る金が1年間で約70億レアル増えたと1日付現地紙が報じた。 […]
  • コラム 樹海2003年8月27日 コラム 樹海 […]
  • パラー商議所=創立30周年、200人が祝う=州知事ら賓客多数が出席=山田初代会頭、理事ら表彰2015年12月29日 パラー商議所=創立30周年、200人が祝う=州知事ら賓客多数が出席=山田初代会頭、理事ら表彰  【パラー州ベレン発】パラー日系商工会議所(山田フェルナンド会頭)の『創立30周年記念式典』が11日夜、ベレン市内のプリンセーザ・ロウサン(旧ヒルトン)ホテルで行われた。在ベレン総領事事務所の小林雅彦所長、垂井恒治副領事、汎アマゾニア日伯協会の生田勇治会長、アマゾニア日伯援護協 […]
  • 母を失った傷心を少し癒した何気ない一言2021年6月17日 母を失った傷心を少し癒した何気ない一言  数日前に母親をコロナ感染症で失った男性が、携帯電話のワッツアップでピッツァを頼んだ際、店員からの言葉に心癒された話を読んだ。  母一人、子一人で暮らしていた男性にとり、母を失った悲しみや寂しさはどれほど大きかった事か。まして、死後4日では、「とにかく何か食べねば」と […]