ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | イタクアーで土砂崩れ=ソロカバでは男性流される

イタクアーで土砂崩れ=ソロカバでは男性流される

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 休日の催し2006年11月14日 休日の催し 2006年11月14日付け   ◇水曜日◇  ブラジル山形県人会は十五日午前九時から宮城県人会館(ファグンデス街152)で「第三回山形民謡コンクール」。     □ […]
  • 携帯デジタルTVを市販2008年5月13日 携帯デジタルTVを市販 ニッケイ新聞 2008年5月13日付け […]
  • 第2回モリンガ講演=11日、宮城で2017年2月2日 第2回モリンガ講演=11日、宮城で  健康植物として注目を集めるモリンガの講演会が11日午前10時から、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で行なわれる。進行は日語、入場無料。 […]
  • 刊行物=ピンドラーマ、5月号2014年6月11日 刊行物=ピンドラーマ、5月号  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』6月号が発刊された。 「サンパウロ市の秘境 グアラニ族の集落探訪」「ブラジル版百人言一語」「緑の歳時記」など。サッカー、グルメといった毎月のコーナーも掲載。 問い合わせは同出版社(11・3277・4121)まで。 […]
  • 《ブラジル》学校の再開で慎重論=72%が「ワクチン開発後再開」=アマゾナスでは教員集団感染2020年9月9日 《ブラジル》学校の再開で慎重論=72%が「ワクチン開発後再開」=アマゾナスでは教員集団感染  コロナ禍後の学校再開に向けての議論が国内で活発化しつつある。全国での感染拡大が減速化してきている中、学校再開(対面授業再開)を検討している州や市は多いが、学校再開後に感染者が増加した例もあり、課題を残している。5~8日付現地紙が報じている。  ブラジルでのコロナウイ […]