ホーム | コラム | 樹海 | 同性愛者にも里親の権利

同性愛者にも里親の権利

 3組の普通婚夫婦から「黒くて醜い」と拒否されたミナス州在住の5歳の子どもが、白人ゲイ・カップル(同性婚)の養子となった。実の親はアル中だったため、子どもは養護施設に身を寄せていた。新しい生活のスタートを切った一家は、偏見を克服し、社会から自然な形で受容されるべく奮闘しているという▼同性愛者が虐げられ、時には命を奪われるブラジル――彼らに男女の夫婦と同等の権利を認める勇断は、先進国でもまだ珍しいのでは。日本でもここ最近、ようやく同性愛者や性同一性障害者にも養子縁組を認めようとの動きが出てきたが、まだ血縁や伝統的な家族形態が重んじられており、養子縁組率はわずか10%程度に留まっている▼支援団体GAASPによれば、当地では子どもの方が足りないほど、里親希望者が多い。独身、未亡人、事実婚のカップルでも里親になれるため、養子縁組が一般的だ。だから同性愛者による養子縁組にも、比較的抵抗が少ないのだろう▼冒頭の子どもを引き取ったジルベルト・スコフィールドさんは、州議会議長に送ったメッセージに次のように書いている。「ゲイやレズビアンの里子となった子どもは皆、異性婚の夫婦に捨てられ、ネグレクトされ、ぶたれた子どもたちだ」▼同性婚カップルは子どもを作ることが出来ないゆえに、「親になれた」という一点で幸せを感じ、子どもの肌の色や過去にこだわらず、愛情を与えることができるのだろう。自身が差別を受けるからこそ、虐待された子どもの気持ちにも寄り添える。不運な孤児の受け皿になっている彼らのあり方は、親とは何かを問いかけている。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2005年1月27日 コラム 樹海 […]
  • 教育レベル調査=20年前の成績下回る高校生=7割が数学、ポ語で不十分2018年9月1日 教育レベル調査=20年前の成績下回る高校生=7割が数学、ポ語で不十分  ポルトガル語(以下ポ語)と数学の点数で生徒の習熟度を測定する基礎教育評価システム(Saeb)によると、高校生の7割は2教科共、学年相応の実力がついていない事が明らかになったと8月30、31日付現地紙、サイトが報じた。  Saebでは隔年で、5年生と9年生(初等科)、高校(中 […]
  • 2003年7月1日 プロの歌声にため息=文協 芸能祭に2000人以上 7月1日(火)  第三十八回コロニア芸能祭が二十八、九の両日、文協ビル講堂で行われた。   選抜された芸能各分野の第一人者たちによる華やかなコロニア最大の芸能の祭典には、今年もサンパウロを中心とした数十団体が参加した。 […]
  • 高橋暎子さんが第2歌集=人間、移民とは何ぞやを問う2020年1月28日 高橋暎子さんが第2歌集=人間、移民とは何ぞやを問う  高橋暎子(えいこ)第2歌集『とつくに茫々』が昨年11月に刊行された。「とつくに」は異国、「茫々」は果てしなく広いの意。1998年から現在までに作られた1千首のうちから厳選した860首が掲載されている。  高橋さんは「身辺整理のつもりで、ガラクタ短歌を並べてみようと思 […]
  • 東西南北2005年1月7日 東西南北 1月7日(金) […]