ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 巨大カボチャに魅せられて=趣味で栽培し年7千レ投入

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル地理統計院=穀物の収量予想を下方修正=今年は昨年比6・2%減に2018年9月13日 ブラジル地理統計院=穀物の収量予想を下方修正=今年は昨年比6・2%減に  地理統計院(IBGE)が11日、今年8回目となる穀物の収量予想を発表したが、前回予想を0・4%下方修正しており、17年比では6・2%の減収となる見込みと同日付現地紙サイトが報じた。  IBGEによると、18年1月から12月の穀物、豆類、脂肪種子の生産量は、17年より […]
  • ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに2017年10月3日 ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに  国家水道局(ANA)の調査によると、ブラジルは地球上で最大の灌漑面積を持つ10カ国の一つである事が分かった。  国内の灌漑面積を調査し、地図に落としこんだ「アトラス灌漑(ブラジル灌漑地図)」によると、現在ブラジルの灌漑面積は695万ヘクタールだ。それらの灌漑地帯では […]
  • 《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も2017年9月23日 《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も  ブラジル地理統計院(IBGE)が、21日に2016年度の農産物の生産状況を発表した。  それによると、綿花の生産は2年連続で減り、16年の収量は前年比13・6%減の3・5トンだった。棉の植付面積は99万6200ヘクタールだった。綿花減産は、国内2大産地のマット・グロッソ州と […]
  • 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇2017年8月31日 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇  ブラジルで、賃貸不動産契約をインフレ調整する時などに使われる、総合市場物価指数(IGP―M)の8月の数値は、プラス0・1%を記録した。  この数値は、リオのジェトゥーリオ・バルガス(FGV)財団が、30日に発表したものだ。  IGP―Mは今年4月以降、7月まで、4カ月連続 […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(3)2017年6月10日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(3)  この狭少な農地で主な農産物と云えば、甘蔗(サトウキビ)と甘藷(サツマイモ)で他に大豆や野菜類がある。そのうち換金作物となるのが甘蔗と甘藷である。小さい島の小規模の農業だから、極く集約的農業で収穫量も微々たるものである。  最近では花卉の栽培が盛んになり、本土に花のない時期を […]