ホーム | イベント情報 | 西尾勝典さん渡伯40年=記念絵画展、スザノで7日

西尾勝典さん渡伯40年=記念絵画展、スザノで7日

西尾さん(右)と妻のマルシアさん

西尾さん(右)と妻のマルシアさん

 刊行物『日系文学』で表紙絵を担当する画家の西尾勝典さんが、渡伯から40年が経過した記念に絵画展を開催する。
 会場はサンパウロ州スザノのフランシスコ・カルロス・モリコーニ教育文化センター(Rua Benjamin Constant, 682, Centro)で、7日午後7時半からオープニング、開催は5月7日まで(各日午前8時~午後5時)。
 1944年、福岡県生まれ。72年に技術移民で渡伯し、デザイナーとしてカネボウやエリザベス繊維に勤務。89年に初めて展示会に出展し、画家として本格的に活動を始めた。
 西尾さんによる30~40点の現代アートほか、金子謙一さんら16人の友人らも一人1点ずつ出展する。
 西尾さんと妻のマルシアさんが来社し、「1カ月の期間中、いつでもご来場ください」と呼びかけた。
 問い合わせは会場(11・4747・4180)または、協力者のペドロさん(同・99446・6742)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ