ホーム | 文芸 | 刊行 | 『ブラジル日系文学』

『ブラジル日系文学』

 『ブラジル日系文学』49号が刊行された。
 「第32回武本文学賞」の小説、随筆、翻訳、俳句、短歌、川柳、詩の各部門における入賞作品が掲載されている。
 その他「ブラジルのハイカイの流れ」(中野みずほ)、「死者を悼む」(切明千枝子)「2014年度の大統領選挙(後編)」(空出木)など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年7月25日 東西南北  本日付本頁で報じた労働者党(PT)によるベネズエラのマドゥーロ政権支持の話は、ラヴァ・ジャットでついたダーティなイメージを悪化させかねない要素をはらんでおり、大統領選の世論調査にも響きそう。特に、反共、極右路線のジャイール・ボルソナロ氏の支持者は飛びつきそうな話だ。ただ、ボル […]
  • 祖父司、アマゾン訪問=孫芳郎氏が思い出語る2007年12月27日 祖父司、アマゾン訪問=孫芳郎氏が思い出語る ニッケイ新聞 2007年12月27日付け […]
  • 日本語能力試験=締め切り迫る2008年8月26日 日本語能力試験=締め切り迫る ニッケイ新聞 2008年8月26日付け  【既報関連】ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は、十二月七日に行われる日本語能力試験の受験を呼びかけている。申し込み締め切りは九月六日。受験料は一、二級は五十レアル、三、四級は四十レアル。 […]
  • トレンド2007年8月29日 トレンド 2007年8月29日付け […]
  • 東西南北2008年1月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年1月30日付け […]