ホーム | 日系社会ニュース | サンミゲルとピリツーバ=ラジオ体操会が合同旅行

サンミゲルとピリツーバ=ラジオ体操会が合同旅行

アパレシーダ大聖堂前で記念撮影

アパレシーダ大聖堂前で記念撮影

 サンミゲル・パウリスタラジオ体操会(松浦アントニオ会長)とピリツーバラジオ体操会(石見節子会長)がそれぞれ創立35、15年を迎え、3月26日に周年記念の合同日帰り旅行を開催した。参加者46人が大型バスに乗り込み、サンパウロ州アパレシーダ市の大聖堂を訪れた。
 長年無事に運営できたことに感謝の意を込め、ミサに参加し賽銭を奉納した。建物の前で記念写真を撮った後、シュラスカリアで昼食をとった。
 石見会長は「2000年3月26日、当時連盟会長だった松浦さんが38支部を開設した。ピリツーバでは名誉会長として今でもお世話くださっている」と感謝した。
 松浦会長は「昨年に35周年を迎えたが、都合がつかず今年となった。健康維持と親睦を目的にこれまで続けられたのは、皆さまの協力の賜物と信じてやみません」とあいさつした。
 昼食後はヤクルト・ロレーナ工場を見学し、お土産を手に笑顔で帰路に着いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界2020年8月28日 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界  ブラジル中西部のゴイアス市に近いアパレシーダ・デ・ゴイアニア市で22日、新型コロナウイルスに感染して入院加療中だった老夫婦が、連れ添うようにわずか5時間差で亡くなった。  ジョゼ・バジリオ・デ・フレイタス氏(83)とクストジア・ラウレアナ・デ・フレイタス氏(79)は […]
  • 東西南北2020年8月13日 東西南北  ボウソナロ大統領の一族からはじめてコロナウイルスによる死者が出た。亡くなったのはミシェレ夫人の祖母マリア・アパレシーダ・フィルモ・ペレイラさん(80)。7月1日から連邦直轄区セイランジアの地域病院の集中治療室に入院していた。予断を許さない状況が続く中、2度ほど容態の好転も報じ […]
  • 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用2020年6月9日 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国でマスク着用の義務化が進んでいるが、ブラジリアのある連邦直轄区でもマスクが義務化された事を受け、公立校の教師が子供用に顔全体を覆うタイプのマスク(フェイスシールド)を作成したところ、好評で、子供達も率先して使用している。  親 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(262)2020年6月2日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(262)  ハキオは会計及び会計監査関係の会社員として働き、個人会社も経営していたが退職し、現在は年金生活者。ミルナ・マサエ、レジナルド・マサキ、ロジェーリオ・アツシ、エリアネ・サナエ、リカルド・キヨシの父、メイリー、ウィリーの祖父である。  ネナは黒崎博文と結婚。主婦だったが、200 […]