ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昨年6月には8日間、ウバツーバ市中学校の生徒12人が、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に訪問する機会があり、諸見里市長は「とても良くしてもらったと聞いている。日系としてとても誇りに感じている」と強調した。05年に創立されたという日伯協会は実は〃再興〃。同地の日本人会は60~70年代に盛んだったが、デカセギブームが起きた90年代以降にいったん火が消え、移民100周年を前に二世が作り直したのだとか。地方でも日系の新しい流れが生まれているようだ。
     ◎
 日本食店数の増加に伴う料理人需要の高まりを受け、SENACがサンパウロ州フランカ支部で初の日本食講座を開催する。サンパウロ市など大都市部ではあったが、地方都市でも需要が高まってきたようだ。プラット・ケンチ(6月6日開始、全9時間/ホットロール、天ぷら、焼きそば等)とプラット・フリオ(18日開始、全20時間/魚の切り方、寿司等)の2コースで、いずれも短期間の簡易講座。支部の詳細は(Rua Alfredo Lopes Pinto, 1345 – Vila Teixeira、サイト=www.sp.senac.br)。それにしても日本食の裾野の広がりは喜びたいが、こうした講座の卒業生が〃プロ〃を自認するのだろうか・・・。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月26日 大耳小耳  サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日までサンパウロ市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila […]
  • 大耳小耳2016年10月5日 大耳小耳  アジア&日本のフードショー2016が今月9日から、エキスポ・センター・ノルチ(Rua José Bernardo Pinto, 333, Vila […]
  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]
  • 大耳小耳2014年12月3日 大耳小耳  ブラジル将棋連盟は11月29日、斉藤広氏慰労会の席上で、来年7月に日本から2人のプロ棋士が来伯する事を明かした。誰が派遣されるかは未定だが、川合昭会長によれば、同連盟会館での指導対局のほかに、県連日本祭りで大盤解説(大きな将棋盤を使って対局の解説をすること)などを行っても […]