ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 30万レの赤字を計上した希望の家。急な人員整理に迫られたためで、昨年限りの特別事態だったようだ。実は収入も15万レ増えており、ノッタ・フィスカル・パウリスタ(NFP)による寄付が最も大きな割合を占めるよう。NFPは抽選で賞金が当たる得点があり、飲食店やスーパーを利用した際、CPF(納税者番号)を告げなかった顧客のそれが、希望の家への寄付に充てられる。東洋街の各所レジでも「希望の家寄付箱」を多く見かける。いずれ他の福祉団体でも、この制度を利用した運営が主流になるかも。
     ◎
 各国の移民文化が楽しめるのがブラジル生活の醍醐味。23、24日はサンパウロ市ブルックリン区で、ドイツ移民による恒例「5月祭り」(MaiFest)が開催される。音楽、ダンス、映画上映、手芸品販売と盛りだくさん。ザワークラウトとポテトが添えられたアイスバイン(塩漬けの豚すね肉)やカスラー(豚肉の燻製)など、代表的郷土料理はぜひ賞味したいところ。以下の四つの通りで囲まれた区画(Rua Joaquim Nabuco, Barao do Triunfo, Princesa Isabel e Bernardino de Campos)で実施される。時間は午前10時~午後10時まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろサンパウロ市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]
  • 大耳小耳2017年12月6日 大耳小耳  山形県人会の青年会は来年1月から月に1回程度、ポ語学習者を対象にした勉強会の開催を計画している。駐在員家族などサンパウロ市に来たばかりでポ語に不慣れな人々を集めて、青年会会員、日語学習者がポ語の日常会話を教えるもの。教科書に載らない俗語表現を学び、すばやいやり取りの会話に慣れ […]
  • 大耳小耳2016年12月8日 大耳小耳  10月に沖縄で開催された第6回世界ウチナーンチュ大会には、ブラジルから1千人以上が参加した。その大会の様子をNHKワールド・プレミアムで10日午後3時半(ブラジリア時間)から75分間、特番で放送する。番組名は「きんくるスペシャル・沖縄魂ここにあり! 集まれ! 世界のウチナーン […]