ホーム | 連載 | 2015年 | 第42回県連故郷巡り=時を遡る―奥パからノロ線へ | 第42回県連故郷巡り=時を遡る―奥パからノロ線へ=第14回=平野植民地=開拓古戦場を今も守り続ける=この辺から奥パに戦後転住

第42回県連故郷巡り=時を遡る―奥パからノロ線へ=第14回=平野植民地=開拓古戦場を今も守り続ける=この辺から奥パに戦後転住

アデマル・デ・バーロス杯

アデマル・デ・バーロス杯

 1915年当時、マラリアに関する知識は皆無だった。「日本人は米」と河畔地帯に入植地を作ったことから、次々に病魔に斃れ、最初の3カ月で80人が命を失った〃開拓古戦場〃が平野植民地だ。
 《毎日毎日死人が出、あっちからもこっちからも死人を焼く煙が立ち上がり、残された妻や子や母の慟哭の余韻は夕闇にこだまして、悲痛断腸の極みであった》(『移民の地平線』172頁)という状態であった。
 日本人会会長の森部長(もりべ・ひさし、77、二世)の父・久蔵(故)は本願寺の僧侶を23年間務めていたという。この共同体はお寺を中心にしている。
 森部家の初代・伊三郎は1913年に渡伯し、平野運平が副支配人をするグァタパラ耕地にはいり、そこで植民地建設の趣旨に賛同して1915年に移ってきた。この植民地の大黒柱ともいえる家系だ。
 いち早く1917年には日本人会が設立され、初代会長は平野運平、同年に旭小学校も開校して初代校長には福川薩燃(東京外語スペイン語卒)が就任した。第15区代表には畑中仙次郎(のちにバストス移住地の草分け)などの有名人の名前も見える。

手前が旧会館、奥が拡張中の新会館

手前が旧会館、奥が拡張中の新会館

 平安山「光明寺」の門徒総代・矢野正勝さん(65、三世)は「1932年から板張りの仏間に仏壇があったが、1950年5月11日に、ようやくこのお寺が建立された」。戦後最初のお寺建立かもしれない。
 矢野さんは「昔は野球、相撲、柔道の大会もあった。運動会もやっていたけど、40年前からカフェランジアの町と合同でやるようになった」という。野球チームだけで三つあり、盛んに練習し、カフェランジア大会をやり、トロフィーを出していた。矢野さんは「(州知事だった)アデマール・デ・バーロス杯があったんですよ」と会館の倉庫で見つかったものを出してきた。
 重松茂さん(60、三世)は「大半の戦前移民と同じように治太郎(じたろう)爺さんは、お金を儲けたら帰るつもりでいたから、一生懸命日本に送金していました」という。いち早く日本学校が建設され、日本語だけで教育が行われ、植民地も日本語中心だった。
 戦争中に学校が接収され、「いまでもとられたまま。接収された後はブラジル学校だけになり、1953年頃まで時々、視学官が来て鞄に日本語の本がないか調べられた」と矢野さんは辛い時代を思い出す。
 矢野さんは「1940、50年代が一番多く、最盛期には400家族が住んでいた。でも土地が古くなって、パラナやマット・グロッソ、奥パウリスタに移って行った」と振りかえる。先日まで一行が訪ねていたドラセーナやジュンケイロポリスに、戦後転住した訳だ。
 終戦直後には臣道聯盟支部も生まれ、待ち負け抗争が起き、負け組が二人殺された。矢野さんは「おじいちゃん(矢野浅太郎)も御真影を家に飾り、ピストルも持っていた。戦争中に地面に埋めて隠し、何年かして掘り出したら錆びていて使い物にならなくなっていた」という。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 大耳小耳2009年6月2日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年6月2日付け […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に2005年1月1日 コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に 1月1日(土)  壮大な野心と希望に満ち溢れた男たちだった。一九五五年九月十五日、約四十日間の船旅を終えた百九人の若者がサントス港に降り立ってから今年で半世紀の節目――。その背景や形態から日系移民史でも特筆されるべき存在である「コチア青年」が九月に五十周年記念式典を開 […]