ホーム | コラム | 樹海 | 沖縄の「伝える力」

沖縄の「伝える力」

 本紙は日本の地方各紙と提携しており、つかず離れずの協力関係がある。そのなかで「沖縄タイムス」との関係がひときわ強いと言っていい。同紙は週に一度『ワールド通信員ネット』というコーナーを設けており、世界で活躍する県人、県系人のニュースを載せている。ブラジルの沖縄系コロニアについては、小紙が伝えていることもあり、提携紙のなかでは唯一、新聞を郵送してくれている。ありがたいことだ▼6月は沖縄戦が終了した月。終戦70年の節目ということもあり、戦争の記憶を伝えようとする迫力がサイトで見るのとは違って伝わってくる。当時の県民4分の1にあたる20万余が亡くなった悲惨な歴史を、体験者70人が紙面で語る企画も。沖縄は基地問題で大きく揺れている。過去の問題ではない▼沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が同人誌『群星』を自費創刊した(本紙7面2日付け詳報)。「一つの県の県人だけで研究会を立ち上げ、同人誌を自費で出版する取組みは極めて珍しい」(同記事)。辛酸を舐めた戦前移民の歴史を知る人はもう少ない。こうした状況のなかで同県人会は本を数冊編んできた。そのうえで「さらに生の証言を集め、移住史を掘り下げる使命」を原動力に13年に立ち上がった同塾は今後、1年に一度のペースで同誌を発刊していくという▼歴史を伝えるのは大変な作業だ。そういう時代ではないという声もある。だが、移住世代のこのパワーは他県人にはないものだ。その源泉を知るには大国に翻弄され続けた沖縄の歴史を紐解かねばならないだろう。47都道府県人会のなかで最後に残るのは沖縄だと確信する。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]