ホーム | 日系社会ニュース | 松井太郎著「宿世の縁」=亡妻想うコロニア文学の傑作

松井太郎著「宿世の縁」=亡妻想うコロニア文学の傑作

 松井太郎著の小説「宿世(すくせ)の縁」は、『日系文学』に掲載された作品で、亡妻を想う気持ちが行間からにじみ出る自伝的な小説。
 松井さんは1936年に19歳で家族とともに渡伯し、農業に従事したあと、還暦・隠居を機に執筆を開始したコロニア作家。04年には代表作「うつろ舟」も本紙に連載した。
 90歳をこえた後も創作活動を続け、日本の細川周平国際日本文化研究センター教授らに見出され小説集松井太郎小説選『うつろ舟』(松籟社、2010年)、その続編『遠い声』(松籟社、12年)も刊行された。
 この文章はサイト「ブラジル移民文庫」(http://www.brasiliminbunko.com.br/Obras/100.pdf)から転載した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 悲しいクリスマスと年越し休暇2016年1月6日 悲しいクリスマスと年越し休暇  クリスマスと年越し休暇をサンパウロ市西隣オザスコ市のブラジル人親友の実家で過ごした。この一家には、今回の年越しは特別な意味を持っていた。昨年7月、親友のお姉さんが34歳の若さで亡くなったからだ。「お前は息子同然、遠慮せずいつでも来い」の言葉に甘え、近くで悲しみを分かち合いたい […]
  • 慰安婦像を巡って考えた伯米日系人の違い2019年6月4日 慰安婦像を巡って考えた伯米日系人の違い  県連故郷巡りで米国カリフォルニア州(加州)を見て回って「伯米日系人の最大の違いは何が」と考えた時、やはり日本に対する好感度ではないか、という気がした。というのは、米国日系人の一部には、日本のことを嫌いな人たちが相当数いると聞いたからだ。  例えば、加州で特徴的に物議 […]
  • 尋ね人=早川さんの親族を探す2007年8月8日 尋ね人=早川さんの親族を探す 2007年8月8日付け  東京都出身の早川國太郎さんの親族に関する情報を、日本の親戚が探している。  早川さんは明治二十年前後に生まれ、移住前は東京都神田区で帽子卸商を営んでいた。 […]
  • 輸出の伸びにかげり=他途上国との成長の差反映2006年11月17日 輸出の伸びにかげり=他途上国との成長の差反映 2006年11月17日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙九日】今年度のブラジルの輸出は増加を見せて世界水準を上回ったものの、開発途上国に比べて低率となり、経済成長の差をまざまざと見せつけられた形となった。 […]
  • 空港整備公団=新総裁にガウデンジ氏=なるか?組織改革=国防相とは「元同志」の仲=信任職の無試験採用発覚2007年8月7日 空港整備公団=新総裁にガウデンジ氏=なるか?組織改革=国防相とは「元同志」の仲=信任職の無試験採用発覚 2007年8月7日付け […]