ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 13日に日本人感謝のミサを主催するレアンドロさんは、興味深い人間観察をしている。彼いわく「日本人と真面目なクリスチャンは、とてもよく似ている」のだそう。その理由として「ゴミを捨てない」「何度もありがとうと感謝する」「自分が悪いと思ったらすぐに謝る」などの類似点を指摘した。日本人にとっては当たり前なことでも、ブラジル人にとっては真面目に宗教を信じている人と同じくらい、際立って見えるらしい。灯台下暗し――ブラジル人から見たほうが、日本人の特殊性がよく分かるようだ。
     ◎
 「アヴァイーFC」の東城利哉選手の取材でチーム事務所に行くと、不思議なことに「SEIRI(整理)、SEITON(整頓)、SEISO(清掃)、SEIKETSU(清潔)、SHITSUKE(しつけ)」と「5つのS」の標語ステッカーがいたるところに貼ってあった。実際に事務所も選手のロッカーも整然としており、その効果のほどが伺われた。もう一つSを付け加えるなら「SHORI(勝利)」か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 刊行物2006年9月13日 刊行物 2006年9月13日付け […]
  • 保健所が突然に閉鎖=パライゾーポリスで苦情2010年5月21日 保健所が突然に閉鎖=パライゾーポリスで苦情 ニッケイ新聞 2010年5月21日付け  サンパウロ市パライゾーポリスのファベーラにあったパライゾーポリスⅡ保健所が、公の告知もないまま13日より一端閉鎖され、近隣の住民から苦情の声が挙がっている。19、20日付アゴーラ紙が報じた。 […]
  • 緑の親善大使=谷本知美さんが帰国公演=国際ウォーキング大会で熱唱2008年11月12日 緑の親善大使=谷本知美さんが帰国公演=国際ウォーキング大会で熱唱 ニッケイ新聞 2008年11月12日付け  【東京支社長=藤崎康夫】十月、リオ・デ・ジャネイロ市とサンパウロ市で、初公演を成功におさめ帰国した谷本知美さんが、今月一日、埼玉県の森林公園ステージで帰国公演を開催した。 […]
  • コラム 樹海2005年7月5日 コラム 樹海 […]
  • 次期大統領選=官房長官ついに浮上=産みの苦しみは終わったか2008年4月25日 次期大統領選=官房長官ついに浮上=産みの苦しみは終わったか ニッケイ新聞 2008年4月25日付け  ルーラ大統領が後継者として推しているロウセフ官房長官が、ジワジワと支持率を上げている。これまで大統領の影に隠れて見えなかったのが、ようやく雲の隙間から顔を見せた。 […]