ホーム | コラム | 樹海 | 「平和をつくる者は幸い」

「平和をつくる者は幸い」

 フランシスコ法王の米国訪問は、27日開催のフィラデルフィアでのミサで終わった。飛行機に乗り込む直前の別れの挨拶では、9・11を記念したグランド・ゼロ訪問が最も感情をゆすぶったと語ったという▼米国の前にキューバを訪れた際のミサの中では、コロンビア政府と同国革命軍に和解を呼びかけたため、双方の間の和平合意が大きく進展した。それに、米国とキューバの国交回復も、その立役者はフランシスコ法王だったとされている▼法王専用車は防弾ガラスのないものにさせ、子供を抱くために専用車を降りて警備員を慌てさせた話は有名だ。復活祭の直前の「洗足の木曜日」には刑務所収監者達の足を洗ってキスをする、メガネを作り直す必要があるといってローマの眼鏡屋に突然現れるなど、カトリック教会と一般社会の間の距離を縮める行動も多々聞こえてくる▼米国では国連の集会で環境問題や経済の動向、難民問題などについても話し、見聞の広さやバランス感覚も示した。米国訪問中に語った言葉が対立する姿勢を強めてきた政治の世界を変え、人類をより一体化させると期待する声も高いのを見ると、改めて「平和をつくる者は幸いです」という言葉を思い出す▼南米コロンビアでの抗争やシリアの内戦で生じた難民問題などを指し、「世界は第3次世界大戦の様相を示している」と案じる法王。彼が法王名に選び、「神よ、私をあなたの平和の道具としてください」との祈りで知られるアシジの聖フランシスコの如く、誰もが愛や赦し、信仰、希望などを与える事や、人を慰め、理解する事や愛する事を求め続ければ、世界はきっと変わるとの希望を新たにさせられた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • 身近な人を失う怖さと悲しみ2020年6月4日 身近な人を失う怖さと悲しみ  1月下旬の手術予定日の直前、息子が急に「僕を置き去りにしないよね」と聞いてきた。「する訳ないでしょ」と笑い飛ばしたが、その態度から「何か起きたら」と案じているのが分かった。その時は病院側の連絡ミスで手術は延期された。  2度目の予定日はコロナ感染が騒がれだした3月で […]
  • 《記者コラム》樹海=ボウソナロ、実は「無策という政策」?2020年6月2日 《記者コラム》樹海=ボウソナロ、実は「無策という政策」? 「コロナで高齢者を減らして年金負担を軽く」?  米ニューズウィーク誌は5月28日付ヤフーニュースで《ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?》との衝撃的なニュースを報じた。  《ブラジルが無策に転じたのは、コロナ対策会議で「高齢者が最もリスクが高い」と報告した […]
  • 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査2020年5月29日 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査  「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボウソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。  コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの […]