ホーム | 文芸 | 連載小説 | アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里 | アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(6)

アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(6)

カロッサ(牛車)

カロッサ(牛車)

 だが季節外れの降霜のため、せっかく生育のよい小麦も、毎年穂孕期に被害を蒙り、入植者は断念してミーリョを植えたり、近くのパルプ工場に働きに行ったりして、土地を手離す者が増えていた。
 小楠の隣耕地も、ジャポネースで、いい買い手があれば世話をしてくれとたのまれていたのである。「俺が話をつけてやる。牛を連れてはいって見ろ、そのうちに土地を買うことにするさ」
 親身になって世話してくれる先輩の提言に異論はなかった。決断は速かった。
 早速石川とも相談し、サンタ・カタリーナへ大移動する段取りとなった。でも逃げるような形で引越しするのがいまいましかった。牛舎や建物はそのまま残し、大型のカミニョン十三頭の牛とカロッサ、それに僅かばかりの手荷物、これだけの全財産を載せた。
 このとき一キロのアーリョを手荷物の中に入れるのを忘れなかった。このアーリョは、牛がカゼをひいて喉を鳴らすとき、つぶして塩水に混ぜ牛の首をつり上げながら、竹筒で飲ませていたものである。
 これは、この土地に以前からあった雑種だった。このアーリョが、この日から七、八年後にブームをまき起こし、移住地経済の救世主になる原種であろうとは、この青年たちに分かる筈がない。
 サンタ・イザベルから、サンタ・カタリーナのパルマーレスの町までは900キロもある。中間のポルト・アレグレまでは平坦な道であるが、そこを過ぎて一時間も走れば山岳地帯に入る。その頃までは旧街道の峻険な道だった。
 山の上にあるカシアス・ド・スールの街の前後は、千仭の谷の縁を通らなければならない。夜目にはそのような風景は暗黒で見えないけれども、車は喘ぎ喘ぎ登ったかと思うと、急降下、急カーブの連続だった。カミニョンは、家畜輸送の専用車だったから、荷台は枠囲いにしてあるので、振り落とされる心配はないが、遠心力で振り回されるのか、急カーブを廻るたびに牛はモー、モーと悲鳴を上げるのを、エンジンの音が包んで谷間にこだまさせた。
 途中二、三回車を止め、車上にて水を飲ませながら昼夜走り続けて翌朝パルマーレスに着いた。雨が降っていた。もう三日も降り続いていると町外れの人が言う。
 ここまでは舗装道路であったが、これから小麦植民地までは泥道である。カミニョンの運転手は「ここまでにしてくれ」という。田舎道に乗り入れれば地盤がゆるんでいるので、車が立ち往生するのは目に見えている。仕方がない。牛を歩かせよう。
 若い者の行動は迅速だった。
 だが、ここに大きな誤算が待ち構えていた。牛に一日の休養をとらせて、それから牛の歩みに任せるぐらいの暢気さが必要だった。家財道具を載せたカロッサを種牛の太郎に曳かせ、鞭で追いながら山道を急がせた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(8)2015年10月10日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(8)  鹿さんはマキを補充しながら、「おいおい、先ほどのアーリョの話はどうなった」「ああ、あのかぜ薬か」大貫は無造作に言った。 牛はもう手放しにしてしまったし、用のないアーリョだから、「食べたらいい」と小楠の奥さんに差出した。それを使わずに小楠が植えたのである。その一キロのアーリョは […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)2015年10月14日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)  林田は何か猪瀬に耳打ちをしていた。猪瀬の目が眼鏡ごしにきらり光った。職業柄、この連中は鹿を追う漁師に似ている。「見せてくれ」というのである。宴の乱れた会場を抜け出した一行は、小楠の農場に向った。 納屋の一隅には、売れ残った二百キロのアーリョが茎をしばって吊るしてあった。技師は […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(7)2015年10月9日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(7)  牛にはそれぞれ、日本名ブラジル名を太郎、花子、テレザ、タチアナ、というように命名していた。太郎は日ごろボテコまで800メートルの道程を、出荷用の乳缶を載せて運ぶのに訓練していたので、カロッサは嫌がらずにつけさせていた。 でも、この日の太郎はちがっていた。 山道に入って二キロも […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(2)2015年10月2日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(2)  今年になってこの地方は、アーリョの旋風が起こっている。それは、新品種として発見されてアーリョ・ショウナンが本年度始めて出荷してみて、サンパウロ中央市場で認められ、色艶といわず、身のしまり工合といわず好評を得、売れ行きは上々で高値をよび、その上、農務長官の認可も得て登録されたか […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(5)2015年10月7日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(5)  それがカロッサに積む時、毎朝乳缶の蓋をとってみると、どの缶も必ずといってよいほど乳が盗まれている。乳はひと晩置くうちに。上面に黄色い膜を張るものである。その乳の固まりを集めて煮つめると手製のマンテーガができる。それが盗まれるのだ。どうせその分は出荷しないものの、乳も二、三リッ […]