ホーム | 日系社会ニュース | 銀行やINSS装う詐欺=平間さんが注意呼びかけ

銀行やINSS装う詐欺=平間さんが注意呼びかけ

 サンパウロ市在住の平間浩二さんから、「2週間前から不審なことが起こっています」と年金詐欺に関する緊急投稿があったので、以下転載する。銀行やINSSを装った電話や手紙には厳重に注意する必要がありそうだ。
     ◎
 2週間ほど前から、私と妻が使っている銀行(念のため銀行名は伏せておきます)から、「私の生年月日を教えて欲しい」と電話が掛ってきました。家内が出たのですが午後7時頃でした、この時間に銀行が電話を掛けてくるはずがなく、不審に思い、行員と称する女に対して『銀行は電話番号を知っているはずだ』と云って切りました。その後、同じような電話が2回掛ってきました。
 そして昨日、私宛に手紙が来ました。それにはINSSが支給している年金額が所定より少なく、新たに手続きすることにより、増額になるようなことが書いてありました。72時間以内に指示した場所に、INSS支給番号カード持ってくるよう指示してありました。夜、息子に聞いてみたところ、「これは間違いなく詐欺だ」と云いました。
 そして本日、午後1時に電話が鳴ったので家内が出ましたが、無言電話でした。犯人は私が指定された場所に行っているか確認のような電話でした。犯人グループは、電話番号や住所を調べ、生年月日をも調べた上に、犯行を企てているようですので不審な電話には、一切応じないようにと思いお知らせしました。

image_print

こちらの記事もどうぞ