ホーム | コラム | オーリャ! | チャンスを逃さないで

チャンスを逃さないで

 地方紙中心のブラジルとは異なり、日本の新聞業界は全国紙が発行数の半数を占める。しかし、地域によっては地方紙がより大きな支持率を持つところもある。北陸3県では特にその性格が強く、今回訪問団が駆けつけた富山県もその一つ。
 訪問団には県紙「北日本新聞」の社会部記者が帯同し、連日その様子を紙面やサイトで報じていた。県知事が欠席の中、県民のニュースを追いかけて、はるばる当地まで駆けつけたことに地方紙ならではの心意気を感じる。
 日系社会に関する知識も情報も乏しい中、いきなり取材とは、事前の情報収集から骨が折れることだろう。
 そんな県紙記者に対し県人会は最大限の協力や〝売り込み〟をすべきだ。県紙に記事がのることで大反響があるだろう。資料提供はもちろん通訳をつけるなど、母県へのアピールのチャンスをみすみす逃さないで欲しい。(桃)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月4日 □コロナ禍緊急日誌□  2日午後、ある県人会事務局から編集部に電話があり、「県庁に送った荷物が中々届かない。一体どうなっているのか」という問い合わせがあった。郵便局関係者に聞くと、現在、ブラジルに限らずどこの国でも航空貨物や郵便物を防疫・検疫するために消毒作業をするようになり、通常より時間がかかって […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年3月25日 □コロナ禍緊急日誌□  印刷版が一時停止になった本日付から、随時でこの欄を始めることにした。通常は20人近くがガヤガヤと仕事をする編集部だが、今週から大半が在宅勤務となり、現在はわずか3人のみ。  州知事の外出禁止令を受け、リベルダーデ区のレストランも全て閉店。わずかに丸海、ブエノ、海鮮、金沢、小 […]