ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=日本祭り決済、黒字4万レ=次回に向け協力求める準備委員

県連代表者会議=日本祭り決済、黒字4万レ=次回に向け協力求める準備委員

 ブラジル日本都道府県連合会(本橋幹久会長)の9月度代表者会議が開かれ、43団体の代表者が出席した。
 7月に終えた第18回日本祭りに関し、山田康夫実行委員長(滋賀)より黒字4万632レとの最終決算が報告された。「赤字ではないがもう少し利益を出せたはず」と課題を口にした。
 次回開催に向けた準備委員会の市川利雄委員長(富山)は、前回までの反省を踏まえ「来年は総予算330万レと規模も大きくなり、さらに予算を透明化させる必要がある。そのために実行委員を増員した。さらに各県人会からの協力も必要」と呼びかけた。
 しかし一部からは、「個々の県人会行事ですら少ない役員に負担が集中している状況。人員が必要な目的を明示して欲しい」といった意見があり、拍手で同調する県人会も多くあった。
 それに対し市川委員長は、「県連の存続のため今まで入ってこなかった若年層の力が不可欠。日本祭りを種にして、彼らを育てることも必要だ。会員にも強い態度で向かわなければ」と理解を求めている。
 7月の収入は7万9814レ、支出は3万9416レ、8月はそれぞれ1万6629レ、8万5720レと報告された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売2018年7月19日 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売  県連日本祭りでは今年もニッケイ新聞がブースを出展する。郷土食コーナーの料理リストが載った特集号などを無料配布する。  他にも本紙が刊行した日ポ両語のシリーズ本『日本文化』のセットを特価販売するほか、ベストセラー『ブラジル人のためのニッポンの裏技』などの各種書籍を販売する。 […]
  • 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!2018年6月2日 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が先月24日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。2ヵ月後に迫る『第21回日本祭り』内で行われるギネス記録、110周年記念式典の時間変更などについて報告が行われた。  7月21日午前11時から正午までとされ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。サンパウロ市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼び […]