ホーム | 連載 | 2015年 | 第44回ふるさと巡り=メキシコ、交流と歴史の旅~榎本殖民地を訪ねて~ | 第44回ふるさと巡り=メキシコ、交流と歴史の旅~榎本殖民地を訪ねて~=(7・終)=日本移民百周年学校を訪問=教育に力入れる春日カルロス氏

第44回ふるさと巡り=メキシコ、交流と歴史の旅~榎本殖民地を訪ねて~=(7・終)=日本移民百周年学校を訪問=教育に力入れる春日カルロス氏

 文化センター「江戸村」では、子供たちがかわいらしい着物姿で童謡「紅葉」を歌いながら迎えてくれた。この通りは「カルロス・カスガ・オサカ」通りと名付けられている。メキシコ日系社会のドンと呼ばれる春日カルロスさんはアコヤカグアの教育に力を入れている。というのも、移住90周年の際、ヤシの葉で屋根をふいた学校の生徒13人のうち5人が日系の名前だったことを知ったのがきっかけだという。
 「メキシコシティには日墨学院もあるのに、榎本移民が住んだ地でこれはいけない」と思い立ち、校舎6棟を皮切りに学校への支援を始めたという。公立校では珍しく電子黒板もあり、高校の卒業生をメキシコシティに招待するという「修学旅行」も実施している。
 97年には校名に「日本移民100周年」をつけた。施設の充実ぶりが地域の生徒を呼び、今では遠方から通ってくる生徒もおり、中高あわせて1000人以上というマンモス校となった。
 春日さんにとって、アコヤカグアは「根」だという。「美しい花を咲かせるためには、枝、幹が大事。それを支える根がなくてはメキシコ日系社会がダメになってしまう」。そんな春日さんの思いが通じているのか、生徒たちは満面の笑みで日本、ブラジル、メキシコの小旗を振って迎えてくれた。
 会場では、メキシコ料理、マリンバ演奏、伝統舞踊などが披露され、思わぬ大歓迎に一行を感激させた。
 角谷真美子さん(66、愛知)は「子供たちが日の丸を持って迎えてくれたのに感激した」と目頭を押さえ、常連の参加者らも「これほどの歓待は初めて」と感動しきり。宮下チエ子さん(65、福島)も「ブラジルのコロニアにはいないね、春日さんみたいな人は」と感心していた。
 見た目から日系人というのは分からないが、学校関係者によれば、1割以上は日本人の苗字を持っているという。

鈴木アイコさんと竹村クミコさん

鈴木アイコさんと竹村クミコさん

 「日本に行ったことがないです」と、勉強している日本語で話すのは、鈴木アイコさん(13、四世)。竹村クミコさん(17、三世)は、大阪生まれで9カ月でメキシコへ戻ったという。小向武くん(17)と妹の真由美さん(14)は、「3年前に戻ってスペイン語に苦労しました。日本にまた戻りたい」と話した。
 一時間ほどのところだから、マデーロ港(当時はサン・ベニート)へ。まさに118年前に榎本殖民団が降り立った地点にほど近く「移民史は 百年となりぬ先人の みたまやすかれ メキシコの地に」と刻まれた慰霊碑がある。約60家族がいるチアパス日本人会の小向マリア・アルヘリア会長(60、三世)が迎えてくれた。
 玉城道子さん(77、青森)は「よくあの時代に男だけで来たものだと思う。メキシコの日系人は少ない人数で歴史を守っているような感じ」と話していた。
 榎本殖民計画は頓挫した。しかし同地に踏み留まった6人を中心に「日本人ここにあり」といった奮迅の活躍をした。出身地である愛知(三河)、岩手(奥州)から取った「三奥組合」を立ち上げる。すべての資産は組合に属するといった社会主義的組合で、醸造所をつくり、日用品販売、ソーダ工場、などの共同事業を展開させた。日墨協同会社は、小学校を設立、5歳から寄宿舎で生活させ、日本語を教えた。
 そしてスペイン語辞典「西和辞典」も編纂する。1925年に東京で刊行された、この日本初のスペイン語辞典は、全ての日本語にルビがふられている。これも次世代のためを考えたものだった。
 榎本の理想を追求した同社は、メキシコ革命の勃発で1920年に解散する。革命後、多くの国が革命中に受けた損害の賠償請求をしたが、日本人は、「国の発展のための革命はやむを得ない。第二の故郷メシシコの発展を祈る」として、請求権を放棄した―。
 日本を愛し、メキシコを愛したサムライたち。彼らの足跡をもっと辿りたかった―。そんな気持ちになった今回のふるさと巡りだった。(堀江剛史記者)

榎本殖民団が上陸したマデーロ港で記念撮影

榎本殖民団が上陸したマデーロ港で記念撮影

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • トライ社の田所社長ら来聖=「らーめん和」移転祝いに2018年11月24日 トライ社の田所社長ら来聖=「らーめん和」移転祝いに  ヤマト商事(高木和博社長)が経営する味噌ラーメン専門店「らーめん和」1号店が、近日中にサンパウロ市トマス・ゴンザガ街87番に移転するに伴い、その開店セレモニーが24日に通りをはさんだ同系列のエスパッソ・カズ店で行なわれる。新店舗の正式な営業開始は12月の予定。  そ […]
  • 天皇誕生日=在聖総領事公邸で400人が祝う=大浦氏「平和を体現されたお方」2018年12月8日 天皇誕生日=在聖総領事公邸で400人が祝う=大浦氏「平和を体現されたお方」  今月23日に85歳を迎えられる今上陛下の誕生日を祝し、「天皇誕生日祝賀会」が5日午後、在聖総領事公邸で催された。平成最後となる陛下の誕生日とあって、地方からも出席者が駆けつけ、約400人で公邸はごったがえしとなり、みなで皇室の弥栄を祈った。  来年1月7日に在位30 […]