ホーム | 日系社会ニュース | 地元チームが総合V=第45回福博剣道大会
団体優勝を果たした福博チーム

地元チームが総合V=第45回福博剣道大会

 サンパウロ州スザノ市の福博剣道協会(林幸男会長)主催の『第45回福博剣道大会』が10月18日、同市のACEAS体育館で行われた。遠方ではブラジリアなど全伯道場から204人の剣士が出場し、ちびっ子から高段者までが熱戦を繰り広げた。
 男子個人戦の高段者部門では、立花ゼン六段(聖文協)が2回目の優勝。女子は木村リエ四段(三重)が初優勝を果たした。団体総合は地元・福博剣道部が連覇した。各部門の成績は次の通り(敬称略、1位から順に同率3位まで)。

 ◎女子個人【幼々年】林アユミ、小早川アユミ、小西エミリ、ジオバーナ・モッタ 【幼年】佐藤サユリ、安斉エミ、アナ・ゴンサルベス、早川ナオミ 【少女】山元ミホ、平川ユミ、伊藤アユミ、山元アキナ 【段外初二段】レベッカ・ルニエーレ、タイナー・フェレイラ、伊藤リカ、菊地アナ 【三段以上】木村リエ、高山タビタ、立花ララ、戸井田リエ

 ◎男子個人【幼々年】ペドロ・マルケス、親川ケイタ、小畑タカシ、皆川ユウジ 【幼年】林ケンジ、伊藤ダイキ、有賀ツヨシ、染谷ケイ 【少年】清田ペドロ、林ユウイチ、森本コウイチ、ガブリエル・ブリト、森本コウイチ 【段外初段】ネルソン・ソウト、花城ルイス、ジョン・アルメイダ、西村ケンジ 【二三段】高山ゲンセイ、島田ジェルソン、坂本ブルーノ、木村エイジ 【四段以上】立花ゼン、山口オサミチ、ムゼッテ・コスタ、戸井田ジュンジ

 ◎団体【幼々年】福博、国士舘、スザノ、三重 【幼年】聖文協、福博、誠神館、三重 【少年少女】誠神館、福博、国士舘、三重 【初二段】松風館、福博、ビラ・モラエス、スザノ 【三段以上】三重、福博、スザノ、聖文協

image_print

こちらの記事もどうぞ