ホーム | イベント情報 | 目良さん支援昼食会来月5日=申し込み今月25日まで

目良さん支援昼食会来月5日=申し込み今月25日まで

目良さんの本を持つ皆さん

目良さんの本を持つ皆さん

 アメリカで慰安婦撤去運動を行う目良浩一さん(米国カリフォルニア州在住)を支援するためのチャリティー昼食会が、12月5日正午からサンパウロ市の在伯退役軍人協会(Rua Santa Madalena, 42, Bela Vista)で行われる。当日は目良さんの著書ポ語版も販売される。
 目良さんの著書『マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!』のポ語版『A Verdade sobre a Guerra do Pacifico』(本紙刊)は、第2次大戦の真相や不平等な『東京裁判』の実態、今も残るGHQ占領統治の後遺症など、知られていない事実を明らかにした。
 河合さんらは本について「GHQによって隠されていた太平洋戦争の真実が多くの資料を駆使して明らかにされている」と説明。「若い世代もこの本を読んで正しい歴史認識を持ってほしい。目良さんは自腹で切って撤去運動にまい進している。我々も少しでも協力できればという思い。ぜひ昼食会にお越しください」と呼びかけた。
 希望者は11月25日までに申し込みが必要。会費は45レアル。フェイジョアーダと飲料が用意される。日本会議、日本研究者協会、日系協会、パンアメリカンブラジル日系人協会の共催。
 案内のため、ブラジル日系協会の河合英男さん、ブラジル日本会議の酒井憲司理事、同石塚清和理事、ブラジル日本研究者協会の佐藤直専務理事、同川島千明会計が来社した。問い合わせは河合さん(同・4702・2265/97022・8644)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 5年後に会いましょう!=最後の移民船にっぽん丸=40周年同船者会を開催=約60人が笑顔で集う2013年4月5日 5年後に会いましょう!=最後の移民船にっぽん丸=40周年同船者会を開催=約60人が笑顔で集う ニッケイ新聞 2013年4月5日  「5年後にまた会いましょう」—。1973年3月27日サントス着の最後の移民船「にっぽん丸」の40周年同船者会が先月30日、熟連クラブ会館であり、ミナス、リオ、南大河各州から家族を含めた約60人が参加した。10、30周年に続き3回目。靴が […]
  • コラム 樹海2004年10月12日 コラム 樹海 […]
  • 東西南北2007年4月12日 東西南北 2007年4月12日付け […]
  • 映画監督 松林要樹さん=「苦労話ではない作品を」=7月下旬までテーマ探し2013年5月17日 映画監督 松林要樹さん=「苦労話ではない作品を」=7月下旬までテーマ探し  映画監督の松林要樹さん(34、福岡)が、作品製作に向けた調査のため、7月下旬までの約2カ月半の旅程で10日に来伯した。 […]
  • 大耳小耳2017年3月3日 大耳小耳  5ページにあるようにJICA日系研修で防災対策を学ぶため、訪日した佐野軍警少佐。日本の警察に欠かせない捕具「刺又」のブラジル導入にも力を入れており、現在、試験段階にあるそう。「刺又」は江戸時代に作られ、U字型の金具に長い柄をつけたもので、相手の首や腕を押さえつけて動きを封じ込 […]