ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 小頭症700件を超える=北東伯で爆発的に流行中

こちらの記事もどうぞ

  • ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性2016年3月30日 ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性  24日発行の科学雑誌『サイエンス』に、ブラジルのジカ熱感染は2013年5月~12月に始まっていた可能性が高いとの記事が掲載された。 ブラジル初のジカ熱患者は、2015年5月に確認された事になっている。だが、ブラジル国内外の研究者達は、最初の感染は13年に起きていたと考えている […]
  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • 小頭症と確認641人に=セルジッペで追跡研究開始2016年3月3日 小頭症と確認641人に=セルジッペで追跡研究開始  【既報関連】保健省が1日、小頭症と確認された新生児の数が583人から641人に10%、ジカ熱との関係が確認された例も62人が82人にと32%増えた事と、今後は世界保健機構(WHO)の基準に従い、女児は頭囲31・5センチ以下、男児は同31・9センチ以下を小頭症と診断する事を発表 […]
  • ギランバレー症候群も増大=ジカ熱との関連性調査へ2016年2月19日 ギランバレー症候群も増大=ジカ熱との関連性調査へ  15年1月~11月にブラジルで発生したギランバレー症候群(SGB)の患者は1708人で、1日平均5人が発症、それ以前より19%増えたと世界保健機構(WHO)が発表したと18日付エスタード紙が報じた。 ブラジルはジカウイルスの影響を最も受けており、WHOは「立証はまだだが、ジカ […]
  • ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認2016年1月8日 ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認  保健省が5日、2日現在、ジカウイルス(ジカ熱)が原因と見られる小頭症の事例は20州と連邦直轄区684市で計3174件に及び、12月26日現在の2975件より6・6%増加したと発表と6日付エスタード紙が報じた。 小頭症が最も多い州はペルナンブコの1185人(151市)で、パライ […]