ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 先月3日のベレンにおける秋篠宮ご夫妻歓迎式典の司会の一人、長島ジュリアさんは、式典開始4時間前に汎アマゾニア日伯協会の事務所に入るなり、「とっても緊張してます」と心配そうに言った。「昨日お墓参りもしてきました」というので、てっきり「殿下の前で司会をするとご先祖さまに報告したのですか?」と聞くと、「いえ昨日(2日)はお盆だったので」とのこと。「じゃあ緊張でご飯が食べれないとか?」と重ねて緊張具合を尋ねると「いえ、しっかり食べました」…。堤剛太副会長は「この人は普段、裁判所の差し押さえをする怖い人。神経は人一倍太いんです」と茶化す。なんと連邦地方裁判所の執達官だそう。でも開始2時間前、さすがの長島さんも「緊張でご飯が食べられません」。もちろん本番は何事もなく乗り切った!
     ◎
 来年1月に戦後初めて天皇皇后両陛下がフィリピンを訪問することになり、現地の日系団体「比日系人会連合会」(イネス・マリャリ会長)が訪問にあわせた集会を9年ぶりに開催するそうだ。現地の邦字新聞「まにら新聞」などが伝えている。来年日本とフィリピンの国交正常化60年に合わせたものらしいが、フィリピン移民の歴史は古く、19世紀末から始まる。第2次大戦中は移住者が現地徴兵され、戦後は反日感情が残る中、二世たちには多くの苦労があったとか。皇室のご訪問で、より和やかな雰囲気が醸成されることを願いたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]