ホーム | 連載 | 2015年 | 静岡県菊川市=外国人児童の教育現場は今=人格形成と社会適応の現実 | 静岡県菊川市=外国人児童の教育現場は今=人格形成と社会適応の現実=(2)=〃日本式伯人学校〃というあり方

静岡県菊川市=外国人児童の教育現場は今=人格形成と社会適応の現実=(2)=〃日本式伯人学校〃というあり方

ソル・ナッセンテのこどもたち

ソル・ナッセンテのこどもたち

 昼寝から目覚め、寝ぼけ眼で先生の足に抱き着くのは1歳のアイカちゃん。まだ言葉は片言だが、先生に促されながら自分でおやつの準備をする。
 「泣いてるよ!」。慌てて先生を呼びにくるのは近所の公立小学校に通うナミエさん、2年生(日系伯ボリビア四世)。放課後は毎日、学校から直接「こどもの文化センター」に立ち寄り、宿題をしたり小さな子供たちの面倒を見たりして過ごす。妹たちもこの幼児クラスに通っている。
 「ソル・ナッセンテ」幼児クラスには1歳か5歳まで10人の幼児が在籍。言語は基本的にはポ語だが、西語、日語など母語に応じて対応し、授業でも日語・英語も取り入れ、シュタイナー教育を実践している。
 菊川市は静岡市と浜松市の間に位置する。浜岡原発、自動車部品工場、茶の機械の工場などが付近にあることから日系ブラジル人をはじめとする外国人労働者が増加し、人口4万8千人に対し約2500人が外国人。その割合は5%を超え、浜松市より高い。
 外国人のうち6割はブラジル人とあって、市内には、同センターを含めると3校のブラジル学校があり、高等部まである学校には、富士市からも生徒が通っている。
 リーマンショック後の2013年に一端閉鎖された後、「一刻も早く復活させたい」と松下さんに働きかけたのは、もともと同校の教師で、現在校長を務める大岩エリザベスさん(48歳)だった。在日24年。非日系だが、聖州海岸部のレジストロ市で育ち、日系人男性と結婚し来日した。
 「子供のころから日本の文化に憧れていました。特に日本家屋が好きです」と話すエリザベスさんのご主人は大工だそう。
 松下さんは定年の1年前に退職し、塾や学校の準備を進めていた。しばらく体調を崩していたエリザベスさんだったが、回復した今年、未就学クラスを復活させ、7月に2年ぶりに子供たちを教室に迎えた。
 エリザベスさん自身の娘と息子には、公立の小中学校で教育を受けさせた。「日本に住むのだから日本の教育を受けるのが当然」とし、ブラジル式の教育に未練はないという。「ブラジル学校で教える」というのはそれと矛盾するようだが、同校はただの伯国様式の教育ではない。
 言葉こそポ語が主だが、靴を履き替えて教室に上がる、掃除を自分たちでする、出席ノートにシールを貼るなど日本の学校の習慣を取り入れ、日本の季節の行事も行う。いわば〃日本式ブラジル学校〃か。
 遠足は市内を走る路線バスで出かけ、経費を抑えながら地域社会とのつながりを持つ。日本語の授業もあり、就学時にスムーズに小学校に入れるよう意識した活動をしている。
 エリザベスさんが育ったレジストロは、日本移民が始めた「灯ろう流し」が地域の誇る伝統行事になるなど、日系人と一般市民が調和して生活する街だ。「親は子供にブラジルの言葉や文化を忘れないでほしいと願っている。でも生きているのは日本の社会。どうしても入っていかなくてはいけない」と考えるのは、入り混じる両文化を子供の頃から受け入れて育ったせいだろうか。(つづく、秋山郁美通信員)


□関連コラム□大耳小耳

 シュタイナー教育を取り入れる菊川市のソル・ナッセンテで、いちばんの悩みが自然の庭がないこと。こどもたちはアスファルトの駐車場で駆けまわり、もともとあった古いプラスチックの遊具で遊んでいる。「できれば菜園を作って子供たちと育てたい。リフォームしてくれる日本のテレビ番組に応募したんだけど、ダメでした」と笑うエリザベスさん。ブラジルの銀行や日本の商社にも支援を求めたそう。加えてポ語の絵本や教科書も少ない。「こどもたちのための支援待ってます」。ブラジルからポ語の絵本や教科書を送る運動をしてもいいのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2010年10月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月29日付け […]
  • 樹海2015年7月11日 樹海  広島の原爆ドームは、戦争の悲惨さを伝える平和の象徴として、世界中に知られている。日本三景の一つ、厳島神社も有名だが、広島といえばやはり市内にそびえたつあの威容が誰のイメージにも真っ先に来る。しかし戦後まもなくは、市民感情的にも取り壊しを求める声も多かったようだ。当然のこと […]
  • 河川輸送大国パラグァイ=常石造船所を見学して=海がない国の工夫と知恵=アスンシォン在住 坂本邦雄2016年11月28日 河川輸送大国パラグァイ=常石造船所を見学して=海がない国の工夫と知恵=アスンシォン在住 坂本邦雄  去る11月10日(木)はアスンシォン老人クラブ寿会(菊池明雄会長)の会員41人が、首都アスンシォンの南方約40キロに所在する常石グループの造船所を見学した。港町ビリェタ市のパラグァイ河沿い工業団地内に、2008年に開設された同造船所。寺岡工場長の案内によって、皆で老いの好 […]
  • 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(5)2015年12月5日 自分史=ボリビア開拓地での少年時代=高安宏治=(5)  母にブラジルの都会に再移住する、と告げると、母は大変喜んでくれた。11年間のボリビア移民地での精神修養、僕にとっての「無形の財産」となっているものは、[一人の女性の縁の下の力持ち]から学んだ今は亡き母の言葉である。「人一倍働けば必ず成功する」―この言葉は、困難に直面する時に、 […]
  • 地震と自然のかかわり(2)=サンティアゴ在住 吉村維弘央2015年11月4日 地震と自然のかかわり(2)=サンティアゴ在住 吉村維弘央  こんな話を小生がほぼ30年ほどご厄介になっている歯医者で、国立チリ大学歯学部の教授でもあるパロミーノ先生に話した。先生は、地震と言う現象が、どう理解すればよいのか分からないような不可思議な影響を人間にも与えるのではないかと次のような話をしてくれた。 […]